Help us understand the problem. What is going on with this article?

Azure Iotをやってみることとする(失敗)

ラクにRaspberryPiのセットアップがしたい

RaspberryPiにOpenCVやROSなどをインストールすると非常に時間がかかります。
AzureでセットアップしたものをIot Edgeを使って行うと短時間で終わると聞き、やってみることとしました。

環境は
+ Azureは今から入る。一年は無料で使える
+ RaspberryPi 3B+
+ 32GB SD

Rasbian Burstは避ける

最近出たPi4対応のBurstはまだ不安があるので、Stretchを使うことにします。
以下のftpを探すと、過去のimageが出てきます。

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/

ヘッドレスでセットアップします。
SDカードのbootパーティションに以下のファイルを作成。

wpa_supplicant.conf
country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
  ssid="SSID名"
  psk="暗号キー"
}

空のsshファイルを作って保存。

RaspberryPiにSDカードを入れて再起動。
ssh pi@raspberrypi.local

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@       WARNING: POSSIBLE DNS SPOOFING DETECTED!          @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
The ECDSA host key for raspberrypi.local has changed,
and the key for the corresponding IP address fe80::6740:35ec:8c5e:526c%en3
is unknown. This could either mean that
DNS SPOOFING is happening or the IP address for the host
and its host key have changed at the same time.

再セットアップでホストキーが変更されたときに出るやつですね。

ssh-keygen -R raspberrypi.local
ssh pi@raspberrypi.local

で、復活して接続。
デフォルトのパスワードですので、raspberryで接続できます。

公式の情報

親切にも公式から丁寧な説明がありますので、これに沿って作業してみます。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-edge/how-to-install-iot-edge-linux-arm

ラズパイにMoby ベースのエンジンとコマンドラインインターフェイス (CLI) をインストールします。

# You can copy the entire text from this code block and 
# paste in terminal. The comment lines will be ignored.

# Download and install the moby-engine
curl -L https://aka.ms/moby-engine-armhf-latest -o moby_engine.deb && sudo dpkg -i ./moby_engine.deb

# Download and install the moby-cli
curl -L https://aka.ms/moby-cli-armhf-latest -o moby_cli.deb && sudo dpkg -i ./moby_cli.deb

# Run apt-get fix
sudo apt-get install -f

IoT Edge セキュリティ デーモンをインストール。
セキュリティ標準を提供し、維持。

# You can copy the entire text from this code block and 
# paste in terminal. The comment lines will be ignored.

# Download and install the standard libiothsm implementation
curl -L https://aka.ms/libiothsm-std-linux-armhf-latest -o libiothsm-std.deb && sudo dpkg -i ./libiothsm-std.deb

# Download and install the IoT Edge Security Daemon
curl -L https://aka.ms/iotedged-linux-armhf-latest -o iotedge.deb && sudo dpkg -i ./iotedge.deb

# Run apt-get fix
sudo apt-get install -f

AZUREに登録しておく

まだ登録していませんでした。
一年無料らしいです。一年経過してからどうするか考えます。

チュートリアルを読む

全くAzureを使ったことがないので、とりあえずチュートリアルを読みます

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-central/tutorial-define-device-type

この辺りでしょうか。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-edge/how-to-install-iot-edge-linux-arm

マニュアルでのプロビジョイニング?

原点に帰ってチュートリアルを一通りこなす

原点に帰ってチュートリアルをこなす
virtual machineとかの接続がうまくいかない上に、トラブルの細かいところはマニュアルに記載がない。

もうすぐ、新調したWindowsマシンが来るので、仮想マシンなどはきてから考えるとして、
DockerなどのMacでも動作が安定しているものにターゲットを絞る。

Docker コンテナーでの Azure CLI の実行など、

AzureCLIなどをインストールしてみたが、途中て止まった。解決する気力がないので、Dockerコンテナで動かす方法にチェンジする

docker run -it mcr.microsoft.com/azure-cli

色々インストールしてDockerのコンテナで起動。
az login
で、所定のアドレスをブラウザで開いて、コードを入力して実行!

docker run -it mcr.microsoft.com/azure-cli
az interactive

これで対話モードで動く。

仮想マシンを追加する手順を実行してみる。

az login
az group create --name TutorialResources --location eastus
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away