LoginSignup
10

More than 1 year has passed since last update.

Visual Studio 2019 を入れて最初に行う設定

Last updated at Posted at 2021-07-15

はじめに

新しいPCにVisual Studioをインストールして、はじめに行う設定を書き残す

タイトルは2019であるが、Visual Studio 2022でも大差ない(と信じている)

随時あたらしいことを知ったら、この記事を更新する

更新履歴

  • 2022.03.02 オプション設定を4項目追加
  • 2022.04.14 YouTube動画を参考に補助機能の有効化を追加

記事投稿時のVisual Studioバージョン

2021年07月現在

image.png

設定すること

ここから実際に手を動かして設定を行う

なるべく優先度の高いものから書いていく 都度更新した情報を書き足していく

テーマカラーを設定する

ツール(T) -> オプション(O) -> 環境 -> 全般 -> 配色テーマ(C)

image.png

濃い色のほうが疲れにくい気がする

フォントを設定する

ツール(T) -> オプション(O) -> 環境 -> フォントおよび色

image.png

Windowsにデフォルトで入っているConsolasか、もしくはjetbrains.comのフォントがおすすめ

参考:Visual Studio CodeにJetBrains Monoフォントを設定する

拡張機能を入れる

拡張機能(X) -> 拡張機能の管理(M)

image.png

左のタブでオンラインを選択し、右上の検索窓でインストールしたいものを絞り込む
なにを入れるか迷ったら「Visual Studio おすすめ拡張機能」でググる

拡張機能の初期設定

実際に入れている拡張機能 ↓↓
なかには初期設定を変えたほうが使いやすいものもある
image.png
image.png
image.png

VsVimの初期設定

VsVimはその名の通り、Visual Studioのコードエディター上でVimのコマンドがつかえる拡張機能

キーマップなどは%HOMEPATH%/.vsvimrcファイルに記述する

.vsvimrc
" Visual Studio 2019 Community VsVim

" jjでインサートモードを抜ける
:imap jj <ESC>

また、Visual Studio側でも設定を変更する
VimのCtrl + Vで矩形選択が使えるようにする
(この設定をしないと、Window既定の貼り付けが実行される)

ツール(T) -> オプション(O) -> VsVim -> Keyboard
Ctrl + V Handle by VsVim
image.png

参考:Visual Studio 2019をVimに変える拡張機能VsVimの設定方法

タブを縦に表示

ツール(T) -> オプション(O) -> 環境 -> タブとウィンドウ -> タブのレイアウト設定(E)

image.png

コードは縦に読んでいくものなので、前後関係をつかむためにもコードは上下に広く見たい
ファイルのタブはコード上ではなく、画面の左右どちらかに置くとスッキリする

また、タブの並び替えは「アルファベット順(P)」ではなく「最近開いたタブの最初(F)」にする

使用頻度の低いウィンドウは自動的に隠す

Windowのタスクバーと同じように、ふだん使わない箇所は自動的に隠す

特にノートPCなど画面が小さい場合は、なるべくコードが広く見渡せるようにしたい

▼ -> 自動的に隠す(A)

image.png

ビルド失敗時のダイアログを非表示にする

「前回成功したときのビルドを実行するか?」と聞かれて実行した試しがないので
ビルドに失敗したときの確認ダイヤログは非表示にする

image.png

デバイス間の設定同期を無効にする

image.png

リッチな視覚効果を無効にする

image.png

XAMLのビューとソースを水平に並べる

XAMLは横に並べて見るのが好みなので

image.png

InteliCodeを有効にする

よく使うC#とXAMLの項目を、有効にする

image.png

フィールドメンバーにアンダースコアのプレフィックスをつける

private readonly Configuration _configuration; // <- 2.プライベートメンバがアンダースコア付きで生成される

public MainWindowViewModel(Configuration configuration) // <- 1.先に引数をつくって Ctrl + . を押すと
{ /* ... */}

image.png

_fileNameのルールは以下の通り

  • プレフィックスに_をつける
  • _の次の文字は小文字にするため、キャメルケースを選択する

image.png

さらに、

変数の型が明らかな場合varをつかう

最新のC#だと右辺の型が省略できるけど、この項目はどうなっているのだろう?

image.png

ソリューションの復元をしない

どうせ前回までの進捗なんて覚えてないので、ファイルは都度ひらく

起動がけっこう早くなる印象

image.png

コードクリーンナップの構成

先の「変数の型が明らかな場合varをつかう」を自動リファクタリングするために「暗黙的/明示的な型の基本設定を適用する」を追加する

この構成だと少し強すぎる感もある

image.png

クリーンナップした時の様子

Crtl+K, Ctrl+Eでクリーンナップ実行できる

Animation.gif

足りていないusingを補完する

image.png

usingコードブロックを使わない

オプション→テキストエディター→C#→コードスタイル→全般の「コードブロックの優先順位」に「名前空間の宣言」

波かっこを使わないスタイルのほうがすっきりする ※個人の感想です

namespace WinFormsApp1;

public partial class Form1 : Form
{
    public Form1()
    {
        InitializeComponent();
    }
}

おわり

とりあえず以上

参考

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
10