Posted at

テストコードを書くときの心得

More than 1 year has passed since last update.


概要

テストコードを書くときに、こんなところを意識すると良いと思うところを列挙しています。


テストコードを書くときの心得


1. テストしやすいところから実装する


テストコードを作成するにも気合と工数が必要です。

テストしやすいとこから初めていきましょう。



2. テストコードは数行で済ます


テストコードもプログラムです。

テストコード自体に不具合が発生することや、仕様がかわったらメンテナンスが必要になるので、なるべく簡潔に書きましょう。



3. 1つのテストでは1つの結果を確認する


複数の結果を確認するようなテストはやめましょう。

テストが複雑化して不具合が発生します。

テストケースの名前が曖昧になり、名前から結果が想像できなくなります。



4. テストは独立させましょう


複数の処理に跨るようなテストを作成するのはやめましょう。

これはテストコードを書くべきところではなく、結合テストなど別ので確認すべき内容です。



5. 費用対効果も考える


何でもかんでもテストコードを書いていたら工数もバカになりません。

時間は有限なのでバランスを考えて作成しましょう。

だからといってテストコードを全く書かなくていいという判断は後々泣きを見ます。



6. 保守性も考える


テストコードはメンテナンスが必要です。

テストケースの命名や、コメントを追加するなど後々の保守性も考えましょう