0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

本日の基礎練習問題(22/4/1)

問題

前回の問題に機能を追加をしよう。

今回新たに追加実装してもらう機能は主に以下の2点です。
・商品ごとの利益・利益率を表示させる
・商品の合計(総売上・総利益・平均利益率)を表示させる

利益の計算方法
利益 (円):販売価格 - 仕入れ値
利益率 (%):利益 ÷ 販売価格 × 100

雛形.rb
def register_item(registered_item)
  item = {}
  puts "商品名を入力してください:"
  item[:name] = gets.chomp
  puts "販売価格を入力してください:"
  item[:selling_price] = gets.to_i
  puts "仕入れ値を入力してください:"
  item[:cost_price] = gets.to_i
  line = "---------------------------"

  puts "商品名 : #{item[:name]}\n#{line}"
  puts "販売価格 : #{item[:selling_price]}\n#{line}"
  puts "仕入れ値 : #{item[:cost_price]}\n#{line}"

  registered_item << item

  return registered_item
end

def calculate_profit(item)
  # 保存された商品の情報を元に、利益と利益率を計算する

end

def check_items(registered_item)
  # 保存された全ての商品情報(商品名・販売価格・仕入れ値)と、それぞれの利益・利益率を計算し、商品ごとに表示する
  line = "---------------------------"
  puts "【商品一覧】\n#{line}"

  registered_item.each do |item|
    puts "商品名:#{item[:name]}"
    puts "販売価格:#{item[:selling_price]}円"
    puts "仕入れ値:#{item[:cost_price]}円"
    puts "利益:円"
    puts "利益率:%\n#{line}"
  end

  # 全ての商品の合計(総売上・総利益・平均利益率)を表示する
  puts "【合計】\n#{line}"
  puts "総売上 : 円"
  puts "総利益 : 円"
  puts "平均利益率 : %\n#{line}"

end

def end_program
  exit
end

def exception
  puts "入力された値は無効な値です"
end

item_list = []

while true do
  puts "商品数: #{item_list.length}"
  puts "[1]商品を登録する"
  unless item_list.empty?
    puts "[2]商品の利益一覧を確認する"
  end
  puts "[3]アプリを終了する"

  input = gets.to_i

  if input == 1 then
    item_list = register_item(item_list)
  elsif input == 2 then
    check_items(item_list)
  elsif input == 3 then
    end_program
  else
    exception
  end
end

私の回答

ruby.rb
..省略..

def calculate_profit(item)
  # 保存された商品の情報を元に、利益と利益率を計算する
  profit = item[:selling_price] - item[:cost_price]
  profit_rate = profit.to_f / item[:selling_price].to_f

  item[:profit] = profit
  item[:profit_rate] = profit_rate
  return item
end

def check_items(registered_item)
  # 変数の定義
  total_profit = 0
  total_sales = 0

  # 保存された全ての商品情報(商品名・販売価格・仕入れ値)と、それぞれの利益・利益率を計算し、商品ごとに表示する
  line = "---------------------------"
  puts "【商品一覧】\n#{line}"

  registered_item.each do |item|
    item = calculate_profit(item) # 利益計算のために、calculate_profitメソッドの呼び出し
    puts "商品名:#{item[:name]}"
    puts "販売価格:#{item[:selling_price]}円"
    puts "仕入れ値:#{item[:cost_price]}円"
    puts "利益:#{item[:profit]}円"
    puts "利益率:#{(item[:profit_rate] * 100).round(2)}%\n#{line}"

    total_profit += item[:profit]
    total_sales += item[:selling_price]
  end

  # 全ての商品の合計(総売上・総利益・平均利益率)を表示する
  profit_avarage = total_profit.to_f / total_sales.to_f
  puts "【合計】\n#{line}"
  puts "総売上 : #{total_sales}円"
  puts "総利益 : #{total_profit}円"
  puts "平均利益率 : #{(profit_avarage * 100).round(2)}%\n#{line}"
end

..省略..

解説

まずは利益と利益率計算のメソッドを作成する
変数に計算された値を代入し、その変数をitemハッシュに追加する

check_itemsメソッドではまず合計利益と合計売上の変数を定義する
その後registered_itemをeach文で回し、商品ごとに計算を繰り返す。
繰り返し処理が終了したのちに全ての商品の合計(総売上・総利益・平均利益率)を表示する

模範回答

ruby.rb
..省略..

def calculate_profit(item)
  # 保存された商品の情報を元に、利益と利益率を計算する
  profit = item[:selling_price] - item[:cost_price]
  profit_rate = profit.to_f / item[:selling_price].to_f

  item[:profit] = profit
  item[:profit_rate] = profit_rate
  return item
end

def check_items(registered_item)
  # 変数の定義
  total_profit = 0
  total_sales = 0

  # 保存された全ての商品情報(商品名・販売価格・仕入れ値)と、それぞれの利益・利益率を計算し、商品ごとに表示する
  line = "---------------------------"
  puts "【商品一覧】\n#{line}"

  registered_item.each do |item|
    item = calculate_profit(item) # 利益計算のために、calculate_profitメソッドの呼び出し
    puts "商品名:#{item[:name]}"
    puts "販売価格:#{item[:selling_price]}円"
    puts "仕入れ値:#{item[:cost_price]}円"
    puts "利益:#{item[:profit]}円"
    puts "利益率:#{(item[:profit_rate] * 100).round(2)}%\n#{line}"

    total_profit += item[:profit]
    total_sales += item[:selling_price]
  end

  # 全ての商品の合計(総売上・総利益・平均利益率)を表示する
  profit_avarage = total_profit.to_f / total_sales.to_f
  puts "【合計】\n#{line}"
  puts "総売上 : #{total_sales}円"
  puts "総利益 : #{total_profit}円"
  puts "平均利益率 : #{(profit_avarage * 100).round(2)}%\n#{line}"
end

..省略..

模範解説

calculate_profitメソッド内のコードを説明します。
3〜4行目で、商品の利益と利益率の算出をしています。利益率を算出するときに、小数の計算をするためにto_fメソッドを使用しています。
6〜7行目で、算出した利益と利益率をitemハッシュに格納しています。
8行目で、メソッドの呼び出し元にitemハッシュを返しています。

続いて、check_itemsメソッド内の一部のコードについて説明します。
13〜14行目で、総利益・総売上を格納するための変数をそれぞれtotal_profit、total_salesと定義しています。
21行目で、calculate_profitメソッドを呼び出し、返ってきた値をもとにして、itemハッシュを更新しています。
25〜26行目で、利益と利益率を表示させています。利益率を小数点2桁まで表示するために、roundメソッドを使って小数点3桁目を四捨五入しています。
28〜29行目で、総利益と総売上を算出しています。
33行目で、総利益と総売上をもとにして、平均利益率を算出しています。
これらをもとにして、34〜57行目で総売上、総利益、平均利益率を表示しています。

感じたこと

かなり時間を要してしまいましたがなんとか上手く処理の記述ができた。
小数点以下を表示させるto_fメソッドや小数点以下を四捨五入するroundメソッドはとても勉強になった。
ブロック変数や引数の理解がまだまだ浅いので、公式リファレンスや記事などを読み理解を深めていきたい。

アドバイスやご指摘等ございましたらぜひお願いします!!

以上

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?