zabbix
zabbix3.4

Zabbixにホストを追加する

More than 1 year has passed since last update.

概要

Zabbixに監視対象のホストを追加します。
Zabbixは初めてインストールして触り始めたばかりなので、まだまだ未熟です。
テンプレートもよく分かっていないので、それっぽいのを選んでいます。

・Window用エージェントのインストール参考
Windows用ZabbixエージェントをCドライブ直下以外のconfを使用してインストールする

環境

  • サーバー

    • Zabbix 3.4
    • CentOS7.2
  • クライアント(エージェント)

    • Windows Server 2012 R2

ホストの作成画面を開く

Zabbixに接続します。

  • 設定 > ホスト > ホストの作成

をクリックします。

ホストの入力

ホストの情報を入力します。
「ホスト」タブと「テンプレート」タブに入力してから「追加」します。

ホストの入力

  • ホスト名を入力
    ホスト名を入力します。自分はホストのIPにしたのですが、名前でもよい?のかは不明です。

  • 表示名を入力
    Zabbix上で表示される表示名を入力します。対象のPC名とかIPとか、分かりやすし名前で良いと思います。

  • グループを指定、もしくは新規グループを作成
    グループを指定します。グループは必須のようなので、何かしら指定します。
    複数選択可能です。
    既存のその他のグループから選択するか、無い場合は新規グループ作成にグループ名を入力します。

  • エージェントのインターフェースでIPアドレスを入力
    監視対象のサーバーIPアドレスを入力します

テンプレートを選択する

  • テンプレートタブをクリックします
  • 選択ボタンをクリックするとテンプレート一覧が表示されるので、目的に合ったテンプレートを選択します
    今回エージェントがWindowsだったので、「Template OS Windows」を選びました。

  • リンクになっている「追加」をクリックします(ボタンではなく、リンクの追加)
    ここでリンクの追加をクリックしないと、追加ボタンを押しても反映されないです

  • テンプレートが追加されたことを確認して「追加」ボタンをクリックする

確認

ホストの一覧に戻って、エージェントの状態を確認します。
待つ場合、エージェント認識まで結構時間がかかります(5分?10分?くらいかかった気が)
エージェントが認識できれば以下のように「ZBX」が緑になります。

11_エージェント確認.png

以上です。