Help us understand the problem. What is going on with this article?

Zabbixにホストを追加する

More than 1 year has passed since last update.

概要

Zabbixに監視対象のホストを追加します。
Zabbixは初めてインストールして触り始めたばかりなので、まだまだ未熟です。
テンプレートもよく分かっていないので、それっぽいのを選んでいます。

・Window用エージェントのインストール参考
Windows用ZabbixエージェントをCドライブ直下以外のconfを使用してインストールする

環境

  • サーバー

    • Zabbix 3.4
    • CentOS7.2
  • クライアント(エージェント)

    • Windows Server 2012 R2

ホストの作成画面を開く

Zabbixに接続します。

  • 設定 > ホスト > ホストの作成

をクリックします。

ホストの入力

ホストの情報を入力します。
「ホスト」タブと「テンプレート」タブに入力してから「追加」します。

ホストの入力

  • ホスト名を入力
    ホスト名を入力します。自分はホストのIPにしたのですが、名前でもよい?のかは不明です。

  • 表示名を入力
    Zabbix上で表示される表示名を入力します。対象のPC名とかIPとか、分かりやすし名前で良いと思います。

  • グループを指定、もしくは新規グループを作成
    グループを指定します。グループは必須のようなので、何かしら指定します。
    複数選択可能です。
    既存のその他のグループから選択するか、無い場合は新規グループ作成にグループ名を入力します。

  • エージェントのインターフェースでIPアドレスを入力
    監視対象のサーバーIPアドレスを入力します

テンプレートを選択する

  • テンプレートタブをクリックします
  • 選択ボタンをクリックするとテンプレート一覧が表示されるので、目的に合ったテンプレートを選択します
    今回エージェントがWindowsだったので、「Template OS Windows」を選びました。

  • リンクになっている「追加」をクリックします(ボタンではなく、リンクの追加)
    ここでリンクの追加をクリックしないと、追加ボタンを押しても反映されないです

  • テンプレートが追加されたことを確認して「追加」ボタンをクリックする

確認

ホストの一覧に戻って、エージェントの状態を確認します。
待つ場合、エージェント認識まで結構時間がかかります(5分?10分?くらいかかった気が)
エージェントが認識できれば以下のように「ZBX」が緑になります。

11_エージェント確認.png

以上です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした