Posted at

Docker Meetup Tokyo #3

More than 5 years have passed since last update.


official


@philwhln - Orchestration Tools


@stanaka - Dockerでデプロイ&モニタリング(仮)


  • Dockerのモニタリング方法


    • cgorupの作法に従う

    • コンテナ側からはホスト全体しか見えない

    • ホスト側からのモニタリング

    • cgroupのレポートを利用する

    • CPU使用率(/sys/fs/cgroup/cpuacct/docker/コンテナID/cpuacct.stat)

    • メモリ(/sys/fs/cgroup/memory/docker/コンテナID/memory.stat)



  • Dockerのモニタリングパターン


    • 1:n

    • CIサーバ・開発サーバなどで利用

    • 独立した環境

    • 起動停止が拘束

    • ホスト側から監視

    • 1:1

    • リソースを独占

    • AWSBeanstalkだとこのパターン




  • DockerHub


    • Github + DockerHub + Hubot



  • Mackerelでモニタリング


    • Mackerel

    • ロールによるホスト管理

    • エージェントによるリソース監視

    • APIによる管理

    • mackerel-agent

    • mackerel-docker(開発中)



  • ログの集約で良いソリューションがまだない

  • 古いコンテナは手動で破棄している


@mainyaa - Dive into Dockerネットワーク


  • SlideShare

  • Dockerはdocker0という仮想ブリッジでネットワークが構築される

  • docker run -link

  • ホストネットワークと共有する(docker run -host)

  • Open vSwitch

  • libswarm

  • Serf

  • Consul

  • etcd+fleet


@deeeet - Flynn(仮)


LT


@mopemope - How to Impl lib swarm backend


@peryaudo - Docker+CoreOS+GCEで自動スケール分散レイトレ


@kzys - Porting Docker to FreeBSD


@nasunom - perfomance Evaluation of Docker


  • SpeakerDeck

  • ExeclThroughput, ShellScriptsはストレージドライバの指定で改善される

  • FileIOのAUFSreadの性能劣化はDeviceMapperにすると改善される


@y_matsuwitter