Java

Windows版JDKをインストールせずに使用する。

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

最新のJDKがほしいけどインストーラでインストールするのではなく、Pleiades All in Oneに含まれてるJDK様に扱う方法をメモしておきます。


手順


JDKダウンロード

OracleからexeのJDKインストーラをダウンロードする。


exeを解凍

7zipなどで、ダウンロードしたJDKのexeを解凍し、さらに「tools.zip」を解凍する。

7zipのコマンドで解凍する場合、Pathを通した上で以下コマンドで解凍できました。

7z x ≪JDK exeファイル≫ -o≪出力先≫

7z x ≪JDK exe解凍先≫\tools.zip -o≪出力先≫

※「7-Zip[64] 15.10 beta」で実行


unpack200を使用してjarへ変換

「tools.zip」を解凍しただけではまだ使用できません。

展開したフォルダ内にあるunpack200を使用して、pack200で圧縮されたファイルをjarに変換する必要があります。

コマンドラインを開き、「tools.zip」の展開先に移動した後、以下のコマンドを実行する。

for /r %x in (*.pack) do .\bin\unpack200 -r "%x" "%~dx%~px%~nx.jar"


実行確認

バージョン確認コマンドを実行して、実行できることを確認します。

コマンドラインを開き以下のコマンドを実行。

cd ≪tools.zip展開先≫\bin

java -version


好きな場所へJDKを配置

上記でJDKが実行できるようになりました。

最後に「tools.zip」の展開フォルダのリネーム及び、移動をして好きな場所に配置してください。

※Pathを通す方は変更が必要です。


参考

stackoverflow