Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Jupyter Notebook で括弧の入力補完( autoCloseBrackets )をオフにする

More than 1 year has passed since last update.

動機

基本的に楽できるところは楽にするというスタンスではあるけれど、入力補完系は目的のものが入力できなかった場合のリカバリがかえって手間になることがあって個人的には好きではない(入力候補が見える程度で良い)。

特に括弧の自動入力については、括弧内の入力を終えた時にカーソルを移動しなければならいため、結局手動で括弧の入力する時と手間が変わらない。
また、私は Jupyter Notebook では autopep8 を使用している。
この時、括弧を行を跨ぐように改行すると、インデントが崩れることがあり、その修正に結構な労力を割かれる。

ということで、 Jupyter Notebook 上の括弧の自動補完を切ることにした。

手順

Jupyter Notebook 上で次のコードを実行する。

from notebook.services.config import ConfigManager

c = ConfigManager()
c.update('notebook',
         {"CodeCell": {"cm_config": {"autoCloseBrackets": False}}})

実行すると ~/.jupyter/nbconfig/notebook.json が更新されて自動補完をオフにできる。

~/.jupyter/nbconfig/notebook.json
{
  "Cell": {
    "cm_config": {
      "lineNumbers": false,
      "autoCloseBrackets": false
    }
  },
  "load_extensions": {
    "jupyter-autopep8/jupyter-autopep8": true
  },
  "CodeCell": {
    "cm_config": {
      "autoCloseBrackets": false
    }
  }
}

"autoCloseBrackets": false となっていることがわかる。
Jupyter Notebook で上記手順を行うのが面倒な場合には直接 notebook.json を編集すればよい。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away