Help us understand the problem. What is going on with this article?

SpringBoot+KotlinでHelloWorld

統合開発環境「IntelliJ」と「Spring Initializr」を使って、SpringBoot+KotlinでHelloWorldを作成します。

カテゴリ バージョンなど
os windows 10 home 64bit
Project Gradle
Language Kotlin
Spring Boot 2.1.8
開発環境 IntelliJ IDEA 2019.2

Kotlinとは

Wikipediaより抜粋

Kotlin(コトリン)は、ジェットブレインズ社のアンドリー・ブレスラフ、ドミトリー・ジェメロフが開発した、静的型付けのオブジェクト指向プログラミング言語であり、以下のような特徴的な機能があるそうです。

・静的なNull安全の保証
・演算子オーバーロード
・高階関数(クロージャ)
・ミックスインと第一級デリゲーション
・プロパティ(フィールドはない)
・ジェネリクス宣言側における変性指定 (declaration-site variance) と型投影 (type projection)
・拡張関数
・モジュールとビルド基盤
・インライン関数(オーバーヘッドなしクロージャ)
・パターンマッチング
・Java との相互運用性(Kotlin から Java を呼び出すことも、Java から Kotlin を呼び出すこともできる)

1. 準備

(1) JDKをインストールする

※インストールしている場合は読み飛ばしてください。

AdoptOpenJDKをインストールします。それぞれ、環境にあったバージョン、JVMを選択してダウンロードしインストールします。

(2). IntelliJをインストールする

※インストールしている場合は読み飛ばしてください。

統合開発環境「IntelliJ」をインストールします。複数のサイトに手順があります。私は以下のサイトを参考にしました。
https://pouhon.net/kotlin-start/897/

2. Spring Initializrでプロジェクトテンプレートを作成する

(1) Spring Initializrにアクセスします。

(2) 下図のとおり入力し、「Generate the project - Ctrl + ⏎」をクリックします。

image.png

※ helloworldを出すだけなので、optionでは、以下の2つを選択します

  • Spring Boot DevTools
  • Spring Web

3. IntelliJで作成したテンプレートを開く

(1) ダウンロードにzipファイルが保存されるので、それを適当な場所に解凍します。

image.png

(2) IntelliJを起動し、「file」>「open」を選択し

image.png

(3) 先に保存したプロジェクトを選択しましょう。

image.png

(4) 下図のようになればOK

image.png

4. Controllerを作成する

「src」>「main」>「kotlin」>「com.example.demo2」フォルダの下に、コントローラを作成します。

SampleController.kt
package com.example.demo2

import org.springframework.web.bind.annotation.GetMapping
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController

@RestController
class SampleController {
    @GetMapping("/")
    fun getHello() :String {
        return "Hello World"
    }
}

以上で準備終わり。

5. 実行して確認する。

できたアプリを確認します。「View」>「Tool Windows」>「Gradle」を選択します。

image.png

下図のように、GradleのTool boxが表示されます。「Tasks」>「Application」の下の「bootRun」をダブルクリックします。

image.png

しばらくすると、WEBサーバが起動するので、http://localhost:8080にアクセスしてみましょう。

image.png

6. おわりに

「Springboot」で「Kotilin」を使ってWEBアプリを開発するのも簡単にできました。

私はこれまで、Springbootの新規プロジェクトの作成は、「eclipse」の新規作成ウィザードで作成していましたが、「Kotlin」で開発する場合は、こちらのやり方のほうが個人的に簡単な気がします。

また、「Kotlin」の開発を試して、「Spring Initializr」を知りました。定期的に技術情報などを収集することも大事ですね。一つの言語でもいろいろな実装方法があり、選択次第で開発工数が大きく変わってきます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした