Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Rails】 DataTables 検索結果の保持方法

はじめに

これまでに Rails + DataTable 関連の記事を書いてきましたが、別のページから戻ってきた時に検索結果を保持していて欲しいなどのユーザーの要望があるかと思いますので、そのような細かい設定の変更方法について今回はまとめさせていただきます。

関連リンク

関連リンクを下記に載せておくので、必要であれば参考にしてください。。

検索結果の保持方法

次の2つを設定するだけで、検索結果を保持してくれるようになります。

  • stateSave
  • stateDuration
app/assets/javascripts/concern/datatables.coffee
class @DataTables
  # *** 省略 ***
  drawTable: ->
    # *** 省略 ***

    # stateSave : 別のページから戻ってきた時に検索結果を保持するかどうかを設定可能(trueが保持)
    stateSave: true,

    # stateDuration : stateSave の検索結果の保持する時間を設定可能(1秒単位で設定可能)
    stateDuration: 60 * 15,   # sec * min

  # *** 省略 ***

まとめ

英語のドキュメントさえ読んで使いこなすことができれば、DataTablesはユーザーのニーズを柔軟に反映した高機能なテーブルを短時間で実装することができます。
Rails と組み合わせると爆速で開発が捗ると思っているので、ぜひ活用してみてください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした