Windows

Windowsを爆速にする最も簡単な方法

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

この記事は、Windows7を対象にしますが、他のOSでも内容はほとんど変わりません。

ここで紹介する方法は、初期状態のセットアップにも使えますし、Windowsが遅くなってきた時にも使えます。

コントロールパネルで項目が見つからない場合は、以下のように大きいアイコンを使用するようにしてください。

コントロールパネルの開き方は、以下の方法が考えられます。

  • Win+Uを押して、コントロールパネルホームをクリック

  • Win+Rを押して、controlを入力

「Windows」キーと「R」キーで、「ファイル名を指定して実行」を呼び出すこと。「control」と入力し、Enterキーを叩けば、コントロールパネルが開きます。また、「control」に続いて、開きたい設定ツールの名前を入力すると、直接そのツールにアクセスできます。
具体的な例は、以下のとおり。
デスクトップのカスタマイズ:control desktop
プリンタフォルダ:control printers
システム管理者ツールへのアクセス:control admintools
ネットワーク接続の管理:control netconnections

http://www.lifehacker.jp/2011/06/110-617wincontrolpanelshortcut.html

1 サービスを無効にする

まず、サービスを全て無効にします。サービスと言っても、管理ツール > システム構成 > サービスからチェックすることで、適切な一括設定が行えます。適切というのは、Windowsの動作に及ぼす影響が適切に設定されるということです。これを管理ツール > サービスから行なうと、細かな設定は可能ですが、場合によっては、Windowsの動作に重大な影響を及ぼしてしまう可能性があります。

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\管理ツール\システム構成サービスのタブ

  • 全て無効にチェックを入れる

有効にするサービスは以下の通り

有効にするサービス名
Application Information
Background Intelligent Transfer Service
Base Filtering Engine
Bluetooth Support Service
CNG Key Isolation
COM+ Event System
COM+ System Application
Credential Manager
Cryptographic Services
DHCP Client
DNS Client
Group Policy Client
IKE and AuthIP IPsec Keying Modules
Interactive Services Detection
Net.Tcp Port Sharing Service
Network Access Protection Agent
Network Connections
Network List Service
Network Location Awareness
Network Store Interface Service
Plug and Play
Power
Protected Storage
Remote Procedure Call (RPC)
RPC Endpoint Mapper
Security Accounts Manager
Security Center
Software Protection
SPP Notification Service
System Event Notification Service
Themes
User Profile Service
Windows Audio
Windows Audio Endpoint Builder
Windows Driver Foundation - User-mode Driver Framework
Windows Event Log
Windows Firewall
Windows Font Cache Service
Windows Installer
Windows Module Installer
Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0
Windows Time
Windows Update
Wired AutoConfig
WLAN AutoConfig

http://pasofaq.jp/windows/admintools/servicelist7.htm

補足

Desktop Windows Manager Session...,Multimedia Class Scheduler,Network Access ...もあればチェックします。

サービスの停止は、場合によっては危険を伴うものです。したがって、自身の環境を考慮し、内容を理解した上で自己責任で行ってください。そのためには上のリンクが非常に参考になると思われます。

また、上記で紹介したサービスの停止にセキュリティ上の不備があれば、是非、教えてください。基本的には、サービスを停止させたほうがセキュリティは向上すると思われますが、サービス内容によってはセキュリティを低下させるものも含まれます。

もしWindows Audioが起動しない場合

この場合、再起動時に、Windows Audioが起動しない問題が発生しました。

これは、サービスからMultimedia Class Schedulerが消えるために起こりえます。

powershellからregeditを起動し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\AudioSrvからDependOnServiceキーを開きます。そこで、Multimedia Class Schedulerのサービス名「MMCSS」を削除します。

https://support.microsoft.com/en-us/kb/256986/ja

セキュリティセンター

上記の設定だと、セキュリティセンターが開始できなかったので、管理ツール, サービスと進み、Windows Management Instrumentationを有効にすることで、開始できるようになります。

ネットワークアクセス保護サービス

上記の設定だと、ネットワークアクセス保護サービスが開始されないことがあるので、管理ツール > サービスから「Network Access ...」を有効にします。

Desktop Windows Manager Session...

上記の設定だと、稀に、アプリによってはウィンドウがおかしくなるので(再描写されない?)、管理ツール > サービスから「Desktop Windows Manager Session...」を有効にします。

2 不要な機能を無効にする

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\プログラムと機能Windows機能の有効化または無効化

  • IE, NETF3.5 以外無効にする

3 スタートアップの停止など

chocoのインストール及び、Sysinternals Suiteをダウンロードし、 Process Explorer, Process Monitor, Autoruns あたりを使って機能停止や削除などを行います。

# chocoのインストール
> @powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "iex ((new-object net.webclient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin

# Sysinternals Suiteのインストール
> choco install sysinternals

ダウンロード、解凍されたフォルダは、C:¥以下を探してみてください。

4 一括アンインストール

プリインストールアプリの一括削除は、本当に面倒な作業です。場合によっては、Glary Utillitiesをインストールし、不要アプリの一括アンインストールを実行できます。しかし、正直、それほど使いたいソフトではないです…。

  • Setting > Lang > Japane

ということで、これに関しては、良い方法があれば、是非教えて下さい。

5 便利アプリをインストール

> choco install adwcleaner ccleaner mingw cmder defraggler microsoftsecurityessentials

adwcleaner

広告削除、マルウェア削除のソフトです。実行ファイルで配布されていますので、簡単に使用できます。

ccleaner

一時ファイルなどを削除するためのソフトです。スタートアップなどを消すのにも使えますが、スタートアップに関しては、Autorunsを使えば良いので、不要ですが。

# クリーナー実行コマンド
>  ProgramFile\CCleaner\CCleaner.exe /AUTO

defraggler

定番のデフラグツールです。

microsoftsecurityessentials

Windows7のセキュリティソフトです。

mingw, cmder

コマンドラインで操作する人におすすめのコマンドパッケージとターミナルです。

6 Windows Firewallの詳細設定

これは、上級者向けなので、特別設定を変更する必要はありません。したがって、上級者の方のみ、行ってください。

デフォルトでは、Windowsの使わない機能でファイアフォールをオフにする設定がなされていたりなど、好ましくない設定がいくつか見られますので、目を通しておくのが良いかと思われます。

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\Windows ファイアウォール詳細設定

デフォルトで必要な通信(送受信)しか許可しないようにします。基本、ブラウザ経由でWebサイトにつながればOK。あと、必要があれば、その都度変更など。

7 Windows Update

最後に、Windows Updateを実行します。

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\Windows Update

8 便利なコマンド

# サービスの基本プロパティの一覧
# https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc784189(v=ws.10).aspx
> wmic service list brief

# システム情報
# https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb978526.aspx
> systeminfo

# Windows Updateの修復
# http://kb.seeck.jp/archives/6944
> net stop wuauserv
> net start wuauserv