LoginSignup
57

More than 5 years have passed since last update.

Alpine Linuxの使い方

Last updated at Posted at 2016-02-29

alpine linuxが使いやすく、かつイメージサイズの最小化から注目を集めています。

なぜイメージサイズが小さいかというと、パッケージをダウンロードしてからセットアップするためです。

インストール

まず、virtualBoxにインストールして、sshで接続するまでを目標にします。

はじめにイメージをダウンロードして、virtualboxにマウント起動しましょう。

ディスクにインストールするには、setup-alpineを実行します。ほぼデフォルトでインストールできますが、ディスク選択の部分では、ディスクsdaを指定します。

$ setup-alpine

"Which disk(s) would you like to use? (or '?' for help or 'none') [none]"
> sda

"Hou would you like to use it? ('sys', 'data, 'lvm' or '?' for help) [?] "
> sys

インストール完了すれば、virtualboxディスクからalpine.isoをアンマウントして、rebootします。

ssh(デフォルト:openssh)は、virtualboxのネットワーク設定でNATとポートフォワードでゲストポート:22に設定して、ホストポート:好きな番号を設定することで接続できます。

$ ssh -p 好きな番号 root@localhost

ただし、sshdは、デフォルトでroot接続が不可能な設定になっているので、これを変更します。

/etc/ssh/sshd_config
PermitRootLogin yes

設定を反映させるために、/etc/init.d/sshd restartで再起動します。

$ ssh -p "virtualboxで設定した番号" root@localhost

パッケージの管理

$ apk info

# インストール
$ apk add openssh

# 検索
$ apk search -v
$ apk search i3

# アップデートなど
$ apk update
$ apk upgrade

コミュニティのパッケージをインストールするには以下を追記して、updateコマンドを実行します。

/etc/apk/repositories
http://dl-4.alpinelinux.org/alpine/v3.3/main
http://dl-4.alpinelinux.org/alpine/v3.3/community
http://dl-4.alpinelinux.org/alpine/edge/testing

これで、i3wmなどをインストール可能になります。

$ apk search i3
$ apk add i3wm

個人的なインストール

$ apk add zsh vim tmux git sudo perl automake cmake build-base qt

デーモンの管理など

rc-*を使います。

$ rc-status

# サービス起動
$ rc-service slim start

# サービス登録
$ rc-update add slim

ユーザーの作成

$ adduser test
$ cd /home/test
$ sudo visudo

ネットワーク設定

こんな感じで、ローカルIPを固定したり出来ます。デフォルトでは、dhcpで割り当てられます。

/etc/network/interfaces
iface eth0 inet static
        address 192.168.1.150
        netmask 255.255.255.0
        gateway 192.168.1.1

デフォルトシェルの変更

$ vim /etc/passwd
"changed shell to /bin/zsh"

デスクトップ環境の構築

デスクトップの構築を目指してみましたが、失敗編です。デスクトップが真っ暗にしかならない。Xorgのログを見て見る限りでは、インストールしたドライバ一部ライブラリが読み込まれてない感じがします。virtualboxの問題ぽいですが、実際は分かりません。

$ rc-update add mdev sysinit
$ setup-xorg-base
$ apk add xorg-server

# http://wiki.alpinelinux.org/wiki/XFCE_Setup
$ apk add alpine-desktop xfce4 thunar-volman faenza-icon-theme slim

$ echo "Use xf86-video-modesetting for qemu/kvm guests. Use xf86-video-vmware for Virtualbox/VMware guests. Use xf86-video-geode for Alix1D. "

$ apk search xf86-video

# apk add xf86-video-nouveau
# apk add xf86-video-sis
#
# and / or
#
# apk add xf86-input-synaptics
# apk search xf86-video
# apk search xf86-input
# apk add xf86-input-mouse xf86-input-keyboard

$ /etc/init.d/udev start && /etc/init.d/udev-postmount start
$ rc-update add udev sysinit
$ rc-update add udev-postmount default

$ Xorg -configure
$ cat /var/log/Xorg.0.log
$ su test
$ touch ~/.xinitrc && echo "exec startxfce4" >> ~/.xinitrc
$ startx

$ vim /etc/slim.conf

参考URL

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
57