Help us understand the problem. What is going on with this article?

4K モニタで PbP で Mac/Win/Linux の画面を集約して表示してクロスプラットフォームグラフィックアプリ開発の効率化を図る

More than 3 years have passed since last update.

漢なら Mac/Win/Linux のクロスプラットフォームグラフィックスアプリ開発ですよね!

しかし GPU を用いたグラフィックアプリ開発(OpenGL, Vulkan, OpenCL, etc)だと, リモートデスクトップや X11vnc で画面を飛ばすのは遅くて使いものにならないので, 基本ネイティブに画面を表示することになります. それゆえ, 3 つの 2K モニタで表示して開発という辛い日々が続いていました. また, 色味もモニタごとにことなるので, レンダリング画像の比較も難しい状況でした(毎回レンダリング画像を特定のモニタに転送して比較)

そんなとき, ふとしたことから, 最近の 4K モニタでは PbP(Picture by Picture)で 1 つのパネルに別々の画面(input source)を表示できるという噂を聞きつけましたので, PbP で画面を集約することで, クロスプラットフォームグラフィックスアプリ開発の効率化にチャレンジしてみました. また, 集約することで色味(カラープロファイル)を統一することもできると判断しました.

4K モニタを調達する.

最近は 4K モニタでも 10 万円を切っていて素晴らしいですね. ありがとうございます.
とりあえず IPS だと目に優しくてコーディング用に向いているらしいのと, 最新のもの(2016 年 4 月時点)ということで, フィリップスの 43 inch 4K モニタを調達しました.

http://kakaku.com/item/K0000867165/

PbP

Mac, Linux, Windows それぞれ 3 つのマシンがあって, それらから HDMI, DP or VGA でつなぎます.
(ちなみに, フィリップスのは, HDMI x 2, DP x 2, VGA x 1 があります)

フィリップスのは, PbP 2, 3, 4 分割をサポートしています. ただ, PbP 3 分割の場合は以下のような分割しかできないことがわかりました(左が一つ, 右が二つ).

+---+---+
|   |   |
|   |---+
|   |   |
+---+---+

右に Windows 画面を縦長で出したかったのと, Windows では 2K x 2K という画面解像度が検出できなかったので, PbP 4 分割にし, Windows では GPU からケーブル 2 本出して 2 画面構成にすることにしました.

+------+------+
| lin  | win1 |
+------+------+
| mac  | win2 |
+------+------+

Synergy

http://synergy-project.org/

すでに複数モニタ環境で Synergy でマウスとキーボードを共有していましたので, PbP 環境でもそのまま移行できました.

これであたかも Mac/Win/Linux が一つのパネルに存在するかのように扱うことができます.

まとめ

4K モニタで PbP + Synergy はすばらしい.

問題点

やっぱり 43 inch は大きすぎました. 60 cm の奥行きの机に置いてみましたが, 見上げる形になってしまいます. 机の奥に別途土台をつくるか, 1m くらい奥行きのある机を調達するのがよさそうです.

TODO

  • 30 inch くらいの 4K モニタのほうが, 開発用にはちょうどよいかも?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした