Help us understand the problem. What is going on with this article?

Reactを始めてから今までにお世話になった記事

More than 3 years have passed since last update.

ReactAdventCalendarの2,3,8日を埋めたらカレンダーが全て埋まるので頑張ってるしょっさんです。

今回はReactを始めてから今までにお世話になった記事を紹介していきます。
これからReactを始める方の何かご参考になれば嬉しいです。
( 勿論ですがまず最初に公式のチュートリアルをやりましょう:-) )

30分間React入門「いいねボタン」作成チュートリアル

とりあえず手っ取り早くReactで何か動かしたい!って人にうってつけの記事です。
結構日本語でのReactを使ったアプリ作成チュートリアルって貴重なので、Reactの公式チュートリアルが終わった人は次にこっちをやってみるのもいいかもしれません。

React でマテリアルデザインを実装する Material UI を試してみる

Reactでのデザイン面をどうしようかな・・・と考えてた時に出会った記事です。
デザインではReact-Bootstrapも候補にあったのですが、できれば別の面白いものを使いたいなーとこちらの記事を参考にMaterialUIを試しました。

説明はザッと書いてあるだけですが、ヒントとなるリンクが豊富に貼ってありますので、それらを追っていけば実装できるはずです。

ReactとCSS

こちらもデザインのお話ですね。
Reactで書く場合、CSSの扱いはどうしているんだろうと気になって調べた時に出会いました。
CSS in JSという概念と出会えるきっかけになった記事でもあります。

CSS in JSについてkoba04さんの書かれたReact.js + CSSの記事でも触れられています。
ものすごく簡単に説明すると「CSSもJavaScript上で書いちゃおうぜ!」って感じの概念です。

koba04さんの記事

僕はkoba04さんの記事がなければ、多分ここまでReactの習熟を進めることが出来なかっただろうと思うくらい素晴らしい記事ばかりです。
日本語でReactのことを調べると多分大体koba04さんの記事がひっかかります。
是非とも全てのReactに関する記事を見てみましょう。
何か発見があるはずです。

Awesome React

GithubにあるReactについての参考になる記事や、Reactのライブラリなどをまとめたリポジトリです。
英語記事の大概はここに詰まってる感じですね。
かなりの量があるので、暇な時に覗いてると面白い発見があったりしますね:-)


[追記]
Awesome Reactを改めて確認したところPullRequestが溜まっていたり、既に廃止になったプロジェクトへのリンクが存在していたりとメンテナンスされてない様子でしたので、私の方で新しく作成いたしました。
syossan27/awesome-react-me

日本語の記事など追加していけたらなと思っております。
PullRequestを送っていただいてもよろしいので宜しくお願いいたします。


以上、こんな感じの記事にお世話になってきました。
勿論、最近のReact人気で様々な良記事が増えてきていますのでどんどん漁っていきましょう!

あと、記事ではないですがReactチュートリアル終わったばかりの人には入門 Reactがオススメです!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away