Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravel Homesteadを使ってみよう!

More than 5 years have passed since last update.

LaravelにはLaravel Homesteadというvagrantを使った開発環境作成のサポートがあります。

これを使ってサクッと開発環境を作りましょう!

※環境としてはMacを使っているものとして進めていきますのでご注意を!

事前準備

まずは、日本語で翻訳されたLaravel Homesteadのページを見てみましょー

http://laravel4.kore1server.com/docs/42/homestead

基本的にはこのページ通りに沿って進めていきます。

書いてないこととして事前にローカルのプロジェクトのapp/storageをchmod -R 777しといてください!

vagrantとvirtualboxのインストール

vagrantは公式からパッケージをゲットしてきてインストールしましょー!
http://www.vagrantup.com/

virtualboxも同じく!
https://www.virtualbox.org/

ここではあまり特別なことはしません。

Vagrant Boxの作成などなど

インストールできましたら、Laravel Homesteadのページを頼りにドンドコドンドコ進めていきましょー

vagrant box add laravel/homestead
git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead

設定について

設定についてもLaravel Homesteadのページに書いてありますが、一応細かく書いていきますー

cd Homestead
vim Homestead.yaml

で、Homestead.yamlの中を以下のように設定
※デフォルトのままでよい部分は省きます

authorize: (公開鍵の場所)

keys:
     - (秘密鍵の場所)

folders:
     - map: (Laravelのプロジェクトの場所:例,/var/www/laravel)
        to: /home/vagrant/Code

sites:
     - map: homestead.app
        to: /home/vagrant/Code/(publicディレクトリの場所:例,laravel/public) 

あとは/etc/hostsに以下を追加

127.0.0.1 homestead.app

で、変更後にvagrant upしましょー!

MySQLの設定

この仮想環境のMySQLはユーザにhomesteadが設定されています。

もし既にプロジェクトのdatabase.phpでユーザ名やパスワードを設定していて、
仮想環境のために設定を変更したくない!って場合は、
vagrant up後にvagrant sshで仮想環境にログインし、以下を実行して下さいー

mysql -u root -psecret
GRANT ALL ON *.* TO 追加したいユーザ名@localhost IDENTIFIED BY 'パスワード';
FLUSH PRIVILEGES;

あとは http://homestead.app:8000 にアクセスして画面が表示されれば完了です!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away