Help us understand the problem. What is going on with this article?

"select-word-style bash"の不満を解消する

More than 5 years have passed since last update.

この記事は zsh Advent Calendar 2013の 3日目の記事です.

"select-word-style bash"は単語移動や単語削除で /を区切りとする
設定です. ディレクトリパスのあるディレクトリを消そうとしたら
全部消えてしまった、みたいな問題を解消してくれます.

それでだいたいいいんですが, 不満がありました. 最近までずっと
不満を抱えながら利用していたのですが, 最近解消できたので,
それについて示します.

不満

前の空白まで移動したりとか前の空白まで削除したいときにそれができない
ときです. 特に長いディレクトリパスを扱うときは何度も消したり移動したりで
面倒でした.

解消方法

それらの目的を実現するコマンドを利用するだけです.

bindkey '^[^B' vi-backward-blank-word
bindkey '^[^F' vi-forward-blank-word
bindkey '^[^U' backward-delete-word
bindkey '^[^K' delete-word

vi-backward-black-wordは前の空白まで移動, vi-forward-blank-wordは次の空白まで
移動, backward-delete-wordは元々の手前の word(/を含む)を削除するコマンド,
delete-wordは次の word(/を含む)を削除するコマンドです. これらと "select-word-style bash"の
コマンドを組み合わせでだいたいいい感じにできるようになりました.

ちなみに ^[^somekeyというのは C-M-somekeyのバインドを意味します.
Emacsスタイルの場合それらのキーは余りまくっているので, ぜひ活用したい
ところですよね.

おわりに

"select-word-style bash""の不満を解消する方法について示しました.
もっといい方法がある等ありましたら、ぜひ教えてください.

参考

コマンドラインの単語区切りを設定する

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした