Posted at

Win10でApple Wireless Keyboardを使う

More than 1 year has passed since last update.

Windows10でApple Wireless Keyboardを使えるようにする。

以下の動作を想定する。


  • 「かな」「英数」での日本語IMEのON/OFF(※ただしIMEはATOK)

  • 上部Functionキーは「fn」との同時打鍵でwindowsのFunctionキーと同等の作用

  • 左Commandキーをaltキー、optionキーをwindowsキーとして使う


Bluetoothアダプタの設定

使用するwin10マシンにはBluetoothが標準で付いていないので、Bluetooth-USBアダプタを使うことにする。

使うアダプタはだいぶ前に買った「iBUFFALO Bluetooth4.0+EDR/LE対応 USBアダプタ ブラック BSHSBD08BK」


ドライバのインストール

ドライバはwin10の標準ドライバが利用できる。

bluetoothアダプタを差して検出されたらwin10標準ドライバをインストールすれば利用できるようになる。

※Buffaloのサポートページからドライバがダウンロードできるが、win10対応のものは無いのでインストールしてはいけない。


Apple Wireless Keyboardの設定


キーボード認識

win10にキーボードを認識させる。


  1. タスクバーのbluetoothアイコンを右クリック→「Bluetoothデバイスの表示」→Bluetoothアダプタをonにする。

  2. ライトが点滅するまでAppleWirelessKeyboardの電源ボタンを長押しする。

  3. PCにキーボードが検出され、パスフレーズが表示されたらAppleWirelessKeyboardで入力してペアリングする。


Bootcampからキーボードのドライバをインストール

このままだとキーボードの「かな」「英数」など一部のキーが反応しない。

AppleWirelessKeyboardのwindows用ドライバをインストールする必要がある。


  1. AppleのサポートページからBootCampサポートソフトウェア BootCamp*.zipをダウンロードする。

    現バージョンはBootCamp5.1.5722.zipだった。

    https://support.apple.com/kb/DL1836?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

  2. 解凍して、AppleKeyboardInstaller64.exeをインストール

これで「かな」「英数」その他のキーが利用できる。


雑多な設定


「かな」「英数」のキー割り当て

ATOKプロパティ→「キー・ローマ字・色」→「キーカスタマイズ」から以下の設定を割り付ける。

キー
文字未入力

ひらがな
日本語入力ON

無変換
日本語入力OFF


Altキーとcommandキーの入れ替え

デフォルトで左commandがwinキーになっている。

左commandをalt、altをwinキーに入れ替えた方が使いやすいのでChangeKeyで入れ替えておく。

ChangeKey:http://klx.ldblog.jp/archives/changekey_windows10.html