Edited at

Visual Studio Codeが1.0になって日本語対応したおかげで死ぬほど使いにくくなったから英語にした話

More than 3 years have passed since last update.


追記(2016/5/19)

5月リリースのv1.1.0にて「過剰なローカライズ」が改善されましたので、以下の動機で英語化したいという方は少なくなるかと思いますが、一応残しておきます。


祝!Visual Studio Code 1.0!

おめでとうございます。即座にアップデートしました。

スクリーンショット 2016-04-23 14.41.27 2.png

えぇ……嘘でしょ……

この日本語環境、cmd(ctrl)+Pで出すこのメニューにも日本語で入力しないと反応しなくなるので、使いにくいことこの上ないです。

流石にこれはナイので、使い慣れた英語環境に戻しましょう。

画面はMacの画面ですが、他のOSでも同じように設定が可能です。


即座に終わる設定

Visual Studio Codeを起動し、Macの場合は「Cmd+P」、Win・Linuxの場合は「Ctrl+P」を入力。

出てきたテキストボックスに以下のように入力してEnter!


> 言語を


locale.jsonというファイルがオープンされるはずなので、以下のように入力しましょう。


locale.json

{ "locale": "en-US" }


これを保存してVSCodeを再起動すれば、使い慣れた英語表示に戻ります。やったぜ。

ちなみに先程のlocale.jsonは以下の場所に保存されます。

Win: C:¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Code¥User¥

Mac: /Users/(ユーザー名)/Library/Application Support/Code/User


英語以外が使いたい人たち向け

こちらに、現在使えるlocale設定の一覧が載っていますので、

「俺は簡体字でVSCode使ったる!!!!」

という奇特な方は


locale.json

{ "locale": "zh-CN" }


とかやれば幸せになれるかもしれません。

自分はやりませんが。

以上、参考にどうぞ。