Help us understand the problem. What is going on with this article?

Android Studio + Google App Engine でお手軽バックエンドサーバ構築

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

モバイルアプリを作っていると、ちょっとしたバックエンドサーバを構築したいことってよくありますよね。そんなときにおすすめの方法を紹介します。

本投稿は、下記サイト、ブログ、動画で紹介されている導入部分の手順を簡単にまとめたものです。

https://www.youtube.com/watch?v=KBhOkfbbZLk#t=516
http://android-developers.blogspot.jp/2014/12/build-mobile-app-services-with-google.html
https://cloud.google.com/mobile/

下記のようなメリットがありますので、Android エンジニアにとってはとても嬉しいのではと思います。

  • アプリ開発で使用している Android Studio をそのまま使える
  • プラグインの追加不要
  • 慣れ親しんた IDE で開発できる
  • Android Studio 上から Google App Engine に簡単にデプロイできる
  • Google App Engine は無料枠の範囲ならお金がかからない

サンプルアプリのデプロイであれば、ビルド時間を除けば 5分もかからずできると思います!

導入手順

新規モジュールの追加

対象のアプリのプロジェクトから新規モジュールの追加を選択します。

gae1.png

モジュールタイプの選択

Google Cloud Module を選択し次に進みます。

gae2.png

モジュールの設定

モジュールの設定を行います。Module type は App Engine Java Endpoints Module を選択します。

gae4.png

完了後、さきほど作成したモジュールが追加されます。

gae10.png

ローカルで動作確認する

ローカルで動作確認する場合は、backend モジュールを選択し、実行ボタンをクリックします。

gae6.png

http://localhost:8080/ にアクセスすると、下記のページが現れます。

gae11.png

画面上段の Google Cloud Endopoints API Exploer をクリックすると、API のメソッドが表示されます。

gae14.png

App Engine にデプロイする

[Build] - [Deploy Module to App Engine] を選択します。

gae7.png

Deploy to から App Engine のどのプロジェクトにデプロイするかを選択します。初回は認証が必要です。

Deploy ボタンを押せばデプロイ完了です!!簡単!!

gae8.png

App Engine ってそもそも何という方はこちらをどうぞ。
https://cloud.google.com/appengine/?hl=ja

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away