Edited at

AWS EFS(Elastic File System) 特徴まとめと設定方法 備忘録

AWS EFS(Elastic File System) 特徴まとめと設定方法 備忘録


[1] EFSの特徴

・複数EC2からNFSマウント可能な共有ストレージサービス(NFSv4)

・1つのEFSでペタバイト級まで対応

・HA(複数AZに冗長化)

・フルマネージド(管理不要)

・格納使用量で自動スケールアウト(キャパシティプランニング不要)

・用途例

- 共有リポジトリ

- パッケージの共有ディレクトリ

- 分散並列処理のデータ共有アクセス


セキュリティ

・KMSによるディスク暗号、SSLによる通信経路暗号

・VPC(単一)内に設置可能

 ※サブネット内にプライベートIPをもつマウントターゲット(ENI)が生成される

 ※マウントターゲットには個別のSGを設定可能

・SG/NACLによるネットワークアクセス制御

・Linux標準Posix権限によるファイル/ディレクトリアクセス制御

・IAMによるEFSへのAPIアクセス制御

・2018年7月に東京リージョンに対応


コスト

・格納使用量で課金

 ※オプションで高スループットモード時は、使用量に応じてプラス

参考)

https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20180704-aws-black-belt-online-seminar-amazon-elastic-file-system-amazon-efs-201889-update


他サービスとの比較

参照)

20180704 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Elastic File System (Amazon EFS) 2018/8/9 update

ops1.png


構成イメージ

ops1.png


[2] EFSの使い方


① EFSを作成


設定項目

・VPC

・AZ/サブネット ※指定VPC配下が自動選択

・SG

・タグの追加

・パフォーマンスモードの選択(汎用 or 最大 I/O)

・スループットモードの選択(バースト or プロビジョニング済み)

 ※バーストは、普段低スループットのユースケースでバーストで上昇した場合にカバーしてくれる機能

・暗号化の有効化

・ライフサイクル管理の有効化

 ※利用頻度の少ないファイルを低価格クラスに移行してくれる

ops1.png


② EFSをマウントするEC2側事前準備

sudo yum update -y

sudo yum install -y amazon-efs-utils
sudo mkdir /efs

amazon-efs-utilsはEFS用のユーティリティ

/efsにマウントする場合の例


③ EFSをマウント

mountコマンドを各EC2で実行

 sudo mount -t efs -o tls fs-XXXXXXXX:/ /efs

※ fs-XXXXXXXXはファイルシステムID。コンソールで確認できる。

以上で/efsがNFSマウントされていることがわかる

$ df -Th

Filesystem Type Size Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs devtmpfs 476M 0 476M 0% /dev
tmpfs tmpfs 493M 0 493M 0% /dev/shm
tmpfs tmpfs 493M 440K 493M 1% /run
tmpfs tmpfs 493M 0 493M 0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvda1 xfs 8.0G 1.3G 6.8G 17% /
tmpfs tmpfs 99M 0 99M 0% /run/user/1000
127.0.0.1:/ nfs4 8.0E 0 8.0E 0% /efs


[3] おまけ


① アクセス設定関連

・EFSのマウントターゲット(ENI)のSGのインバウンドには、「NFS:port 2049」が必要。あるいはEC2と同じSGにして SELF INBOUNDをALL OKにする方法もあり。

・マウント時の/efsはroot権限で作成されるので、別ユーザで利用の際は適宜ディレクトリ権限変更(chmodやchown)をしておく。


② マイグレーション


AWS DataSync

・既存のEC2やオンプレミスのデータをEFSに転送するには「AWS DataSync」サービスの「EFS File Sync」機能がある

 ※cpやsyncでも場合によっては可能だが、高スループット(5倍)で完了する

・VMware ESXi または EC2 のデータを、エージェントを介して移行可能

・コピーするデータの量に対して課金(0.04 USD/GB)

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/efs-file-sync-faster-file-transfer-to-amazon-efs-file-systems/

ops1.png