Edited at

ChromebookのLinux開発環境構築

ChromeOSでLinuxアプリが使える機能「Project Crostini」でLinuxの開発環境を構築したときの、セットアップの手順を記してます。

基本的に個人用のメモです。

Windowsのセットアップ手順は下記です:

Windowsを購入したら最初にすること|s2terminal|note


環境

Google Pixelbookなど、AMDアーキテクチャで最近発売されたChromebookならば、本稿の手順はほぼ同様に適用できると思います。

一方、ASUS C101PA (OP1)などARMアーキテクチャのChromebookでは、本稿の手順は一部適用できない箇所があります。またASUS C302CA (Core m3-6Y30)などCrostiniに対応しているという情報が無いChromebookでは、そもそも本稿の方法でLinux環境を構築することはできません。もし今Chromebookの購入を検討している段階の場合は、機種のCrostini対応状況をよく調べてください。


Linuxを有効にする

Chromebook公式ヘルプのセットアップ手順を参考に、Linux(ベータ版)を有効にします。

セットアップできたら、まずはパッケージを更新しておきます。

$ sudo apt-get update && sudo apt-get dist-upgrade


日本語環境の構築

日本版のChromebookだったとしても、Crostini上ではデフォルトでは日本語は利用できません。


日本語フォントのインストール

文書用にIPAフォントと、コーディング用にMyricaを使います。

IPAフォントはaptでインストールできます。

$ sudo apt install fonts-ipafont fonts-ipaexfont

Myricaは、~/.fontsに配置することで使えるようになります。

$ mkdir /tmp/fonts; cd $_

$ wget https://github.com/tomokuni/Myrica/raw/master/product/Myrica.zip
$ unzip Myrica.zip
$ mv ./Myrica.TTC ~/.fonts/
$ fc-cache --force --verbose


日本語入力のセットアップ

fcitx-mozcを使います。

$ sudo apt install fcitx-mozc

インストールしたら、Chromeのアプリケーションシェルフ(虫眼鏡ボタン)から「Linuxアプリ」→「Fcitx」と起動します。そのあとfcitx-configtoolを実行します。

$ fcitx-configtool

「Input Method」に「Mozc(Japanese)」をaddします。

必要に応じて、Global ConfigでTrigger Input Methodも変更します。

設定が終わったら、下記コマンドでfcitxを起動します。

$ fcitx-autostart

ターミナルなどで日本語入力できるかどうかを試すと、設定がうまくいっているか確認できます。日本語入力と英数入力の切り替えはデフォルトでは「Ctrk+Space」ですが、「かな英数」キーでも切り替えができるようにして使っています。


dotfiles

自分用のdotfilesを取ってきて、読み込むようにします。

$ cd

$ git clone git@github.com:s2terminal/dotfiles.git
$ echo '. ~/dotfiles/.bashrc' >> ~/.bashrc
$ echo '[include]
path = ~/dotfiles/.gitconfig'
>> ~/.gitconfig

SSHホスト名やGitユーザ名などは別管理していますので、上記のようにincludeするようにしておくと複数の設定リポジトリやローカルマシンにだけ置く物(秘密鍵など)を共存させることができます。

$ echo 'Include ~/secret_dotfiles/.ssh/config' >> ~/.ssh/config

$ echo '[include]
path = ~/secret_dotfiles/.gitconfig'
>> ~/.gitconfig

参考: 設定ファイルを複数ファイルに分割して管理する構文のまとめ - Qiita


VS Code

VS Code公式のLinux用セットアップガイドに従って、ダウンロードします。

設定ファイルはGit管理しているので、こちらをcloneしてシンボリックリンクを貼っておきます。

https://github.com/s2terminal/visualstudiocode-usersetting


VS Codeの日本語化

日本語化するにはJapanese Language Pack for Visual Studio Codeをインストールする必要があります。VS Codeを起動してクイックオープン(Ctrl+P)にext install MS-CEINTL.vscode-language-pack-jaを入力します。

先に「日本語入力のセットアップ」の項で述べた日本語フォントをインストールしていないと、日本語化した時に豆腐になります。また、日本語入力のセットアップが完了していないとVS Codeでも日本語を入力することができません。


Hyper

Hyper™ターミナルも公式からLinux版をインストールできます。

こちらも設定ファイルをGit管理しているので、cloneしてシンボリックリンクを貼ります。

https://github.com/s2terminal/hyper-usersetting


Firefox

Chromebookには当然ChromeがWebブラウザとしてデフォルトでインストールされていますが、それとは別にLinux版Firefoxをインストールして使うこともできます。

$ sudo apt-get install firefox-esr

Firefoxはネットワーク設定がアプリ内で独立しているため、限られたインターネットアクセスにのみProxyを使いたい場合などにChromeとは別のブラウザとして利用できます。


参考