0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

【アルゴリズム】JavaScriptでFizzBuzz問題を解く

はじめに

Qiitaの競技プログラミング研究月間ということで、アルゴリズムの記事を書いています。
今回はFizzBuzz問題をまとめました。

JavaScriptでアルゴリズムの勉強をされている方の参考になれば幸いです。
記事を順次まとめていきますので、その他の記事についてはマイページからご覧ください。

FizzBuzz

引数で与えた数値が3の倍数であれば"fizz"、5の倍数であれば"buzz"、15の倍数である場合は"fizzbuzz"を返してください。

fizzBuzz(5);
1
2
fizz
4
buzz

解答

n回forを回して、剰余が0になったときに"fizz", "buzz"などを出力するようにします。

index.js
function fizzBuzz(n) {
  for (i = 1; i <= n; i++) {
    if (i % 3 === 0 && i % 5 === 0) {
      console.log('fizzbuzz');
    } else if (i % 3 === 0) {
      console.log('fizz');
    } else if (i % 5 === 0) {
      console.log('buzz');
    } else {
      console.log(i);
    }
  }
}

再帰呼び出しを使うと以下のように書けます。

function fizzbuzz(n) {
  if (n > 1)
    fizzbuzz(n-1);

  if (n % 3 == 0 && n % 5 == 0)
    console.log("Fizz,Buzz");
  else if (n % 3 == 0)
    console.log("Fizz");
  else if (n % 5 == 0)
    console.log("Buzz");
  else
    console.log(n);
}

ネット上に腐るほど転がっているFizzBuzz問題の解答ですが、自分用のメモとして一応書いてみました。
計算量の観点だとどの解き方が一番いいんだろう...

参考資料

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?