Python
script
jq
tsv
PICT

pict の出力が見辛いので tsv -> json してみた

テスト仕様考える時にこんなpict書くじゃん?スクリーンショット 2018-01-30 15.32.55.png
出力がでこぼこして見辛いじゃん?
スクリーンショット 2018-01-30 15.32.49.png
こんなの書くじゃん?

tsv_to_json
#!/usr/bin/python

import sys
lines = sys.stdin.readlines()

trim = lambda x: x.strip()

keys = trim(lines[0]).split('\t')
values = map(trim, lines[1:] )

key_value = lambda line: ['"%(key)s": "%(value)s"' % locals() for key, value in zip(keys, line.split('\t'))]
to_json_row = lambda line: '{%s}' % ','.join(key_value(line))

print '[%s]' % ','.join(map(to_json_row, values))

jsonにしてみるじゃん?
スクリーンショット 2018-01-30 15.33.08.png
jqしてみると見やすい気がするし、色が付いてなんかうれしいじゃん?
スクリーンショット 2018-01-30 15.32.34.png
実際はもっと巨大なpictなので、tsv形式だともっとでこぼこして辛いんじゃん
けどそれに伴ってjsonも縦長になるので、このツールが役に立つかは謎じゃん?

お昼休憩に遊んだだけで、楽しんだからこいつは十分に役目を果たしたじゃん?

そんだけじゃん