Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravel5.4: DBとしてSQLiteを用意する

More than 1 year has passed since last update.

ローカル開発環境で使うDBを用意します。
今回はSQLiteを使います。
なお、Laravel5.5ではMySQLを使うことにしました。
それについては下記を御覧ください。
:link: Laravel5.5: DBとしてMySQLを用意する - Qiita

親記事

Laravel 5.4で基本的なCRUDを作る - Qiita

環境設定ファイルを修正する

SQLite用に.envのDB接続の部分を修正します。
環境設定

.env
DB_CONNECTION=sqlite
# DB_CONNECTION=mysql
# DB_HOST=127.0.0.1
# DB_PORT=3306
# DB_DATABASE=homestead
# DB_USERNAME=homestead
# DB_PASSWORD=secret

SQLiteファイルを作る

面倒を避けて、config/database.phpに記述されているとおりの場所とファイル名で作ります。

PowerShell
> ni database\database.sqlite

マイグレーションの準備をする

マイグレーション

今回使うusers, postsテーブルのうち、usersテーブルは既存のマイグレーション設定を利用します。

posts用のマイグレーション

Artisanコマンドでマイグレーションを生成します。

PowerShell
> php artisan make:migration create_posts_table

生成したdatabase/migrations/2017_05_22_041557_create_posts_table.phpup(), down()の中身を下記のようにします。

2017_05_22_041557_create_posts_table.php
public function up()
{
    Schema::create('posts', function (Blueprint $table) {
        $table->increments('id');
        $table->string('title');
        $table->text('body');
        $table->timestamps();
    });
}

public function down()
{
    Schema::drop('posts');
}

テーブルの中身を用意する

シーディング

Fakerをインストール

仮のデータを自動生成してくれるFakerを利用します。
通常はrequire-devですが、今回は本番のHerokuでも使いたいのでrequireとします。

PowerShell
> composer require fzaninotto/faker

users用シーダー

PowerShell
# シーダーを生成
> php artisan make:seeder UsersTableSeeder

run()メソッドを下記のようにします。

database/seed/UsersTableSeeder.php
public function run()
{
    $faker = Faker\Factory::create('ja_JP');
    for ($i = 0; $i < 20; $i++)
    {
        DB::table('users')->insert([
            'name' => $faker->unique()->userName(),
            'email' => $faker->unique()->email(),
            'password' => bcrypt('1234'),
            'created_at' => $faker->dateTime(),
            'updated_at' => $faker->dateTime(),
        ]);
    }
}

posts用シーダー

PowerShell
> php artisan make:seeder PostsTableSeeder
database/seed/PostsTableSeeder.php
public function run()
{
    $faker = Faker\Factory::create('ja_JP');
    for ($i = 0; $i < 20; $i++)
    {
        DB::table('posts')->insert([
            'title' => $faker->text(20),
            'body' => $faker->text(200),
            'created_at' => $faker->dateTime(),
            'updated_at' => $faker->dateTime(),
        ]);
    }
}

シーダーの呼び出しを設定する

run()メソッドを下記のようにします。

database/seeds/DatabaseSeeder.php
public function run()
{
    $this->call(UsersTableSeeder::class);
    $this->call(PostsTableSeeder::class);
}

マイグレーションとシーディングを実行する

PowerShell
# マイグレーション
> php artisan migrate --seed

これでdatabase.sqliteにテーブルが2つ作成されます。


補足

マイグレーションをやり直したい

ロールバック

rollback, resetコマンドを使えます。
あちこちいじったDBの内容をきれいにしたい場合は下記のように。

PowerShell
# テーブルを削除
> php artisan migrate:refresh --seed
sutara79
宮崎 雄策。1979年生まれ。PHP(Laravel)、 JavaScript(jQuery)、英語を勉強中の文系Webプログラマ。
https://ja.gravatar.com/sutara79
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした