Edited at

KUSANAGI for ConoHaのDBサーバ変更

More than 1 year has passed since last update.

お久しぶりのスズムシ@rinri_suzuです。

ConoHaでもKUSANAGIが使えるようになり、爆速Wordpressを体感している方も多いと思います。

ただ、KUSANAGIテンプレートをそのまま適用すると、DBサービスもKUSANAGIサーバに含まれてしまうので、スケールアップ・ダウンが難しくなってしまいます。

今回は、KUSANAGIを既に使用している状態から、DBを外部DBサーバに設定する方法です。

KUSANAGIを使用していて、スケールアップ・ダウンを心配すること自体が蛇足なのかもしれませんが・・・


1.DBサーバの準備

DBを外に出すため、DBサーバの立ち上げを行います。

今回は、ConoHaの「アプリケーションサーバー」のテンプレート「DBサービス」を使用します。

ConoHaのDBサービスを使用する理由として・・・

 ・phpMyAdminが使える

 ・DBサーバのDMZ化(ローカルネットワーク)が簡単に行える

 ・APIからDBをカスタマイズ出来る

ConoHaのDBサービス追加に関する作業手順は4つです。

 1)DBサーバの追加

 2)データベースの追加

 3)一般ユーザー(KUSANAGIで使用するユーザー)の追加

 4)phpMyAdminユーザー(データインポート作業用ユーザー)の追加

DBサーバの追加方法はこのべん データベースサーバーを使うを参考ください。

※ConoHaのDBサービスでは、データベース・ユーザー名の前にプレフィックス文字がランダムで付与されます。


3.KUSANAGIデータのエクスポート

このべんでは、データのエクスポート方法として、All-in-One WP Migrationプラグインを使用した移行方法が紹介されています。

この方法が一番簡単にデータを吸い出せると思います。

KUSANAGIにSSHでログインし、コマンドラインでデータエクスポートでも当然OKです。

コマンドラインでのエクスポート(データベース名指定)

# mysqldump -u root -p [KUSANAGIで設定したデータベース名] > dump.sql


4.DBサーバへのインポート

ConoHaのDBサービスを利用する場合、インポート作業はphpMyAdminで行います。

手順は非常に簡単でして・・・

 1)phpMyAdminにログイン

 2)インポート先データベース名を選択

 3)データファイルを取り込んで完了

【コマンドラインでエクスポートを行った場合のインポート手順】


4.wp-config.phpの変更

KUSANAGIのDB接続先の変更はwp-config.phpを書き換える必要があります。

wp-config.phpは通常であれば、/home/kusanagi/任意のプロファイル名/DocumentRoot 配下に保存されています。

wp-config.phpで編集する箇所はこの4カ所です


wp-config.php

/** WordPress のためのデータベース名 */

define('DB_NAME', 'データベース名');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '一般ユーザー');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '一般ユーザーパスワード');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', '接続先ホスト名【グローバルネットワーク もしくは プライベートネットワーク】');


後はKUSANAGIで正しく内容が反映されているか確認するだけです。

動作確認後、KUSANAGIで動いていたDBサービスは停止、もしくは削除していた方が無難でしょう

(´・ω・`)これでYahoo砲も怖くないですね