Help us understand the problem. What is going on with this article?

正規表現validation_定められた文字が投稿された文字列に含まれる

【問題】
2行目のvalidationを完成させてください。ただし条件は、「YOUTUBE」という文字が投稿された文字列に含まれていることを確かめること。

class Impression < ActiveRecord::Base
VALID_YOUTUBE_URL_REGEX = ???
validates :url, presence: true, format: { with: VALID_YOUTUBE_URL_REGEX }
end

【解答】
class Impression < ActiveRecord::Base
VALID_YOUTUBE_URL_REGEX = /\A.* YOUTUBE. *\z/
validates :text, presence: true, format: { with: VALID_YOUTUBE_URL_REGEX }
end

【解説】
1)class Impression < ActiveRecord::Base

RailsでActive Recordのバリデーション (検証: validation) 機能を使って、オブジェクトがデータベースに保存される前にオブジェクトの状態を検証。バリデーションは、正しいデータだけをデータベースに保存するために行われます。正しいデータだけをデータベースに保存するのであれば、model.rbモデルレベルでバリデーションを実行するのが最適です。モデルレベルでのバリデーションは、データベースに依存せず、エンドユーザーがバイパスすることもできず、テストもメンテナンスもやりやすいためです。Railsではバリデーションを簡単に利用できるよう、一般に利用可能なビルトインヘルパーが用意されており、独自のバリデーションメソッドも作成できるようになっています。

2)VALID_YOUTUBE_URL_REGEX = /\A.* YOUTUBE .*\z/

Regexは、「Regular Expression、正規表現」の略。

「/」正規表現オブジェクトを作成する時に「/パターン/」の形式で作成が可能となるため操作したい文字列をスラッシュで挟む
「\A」文字列の先頭
「\z」文字列の末尾
「.」は改行を除く任意の1文字にマッチ。ただし、複数行モードでは改行にもマッチする(例は後述の参考URLの3番目ご参照)
「*」は直前の正規表現の0回以上の反復(例は後述の参考URL、最後のURLご参照)

3)validates :text, presence: true, format: { with: VALID_YOUTUBE_URL_REGEX }

validates: 検証対象のフィールド名を指定します。, presence: true presenceヘルバーは、指定された属性が「空でない」ことを確認します。trueで常に検証することを指定する、つまり入力済みかを常に検証, format: with:属性の値}
formatヘルパーは、withオプションで与えられた正規表現と属性の値がマッチするかどうかのテストによる検証を行います。デフォルトのエラーメッセージは「is invalid」です。

【参考】
https://railsguides.jp/active_record_validations.html
https://docs.ruby-lang.org/ja/latest/doc/spec=2fregexp.html
https://www.javadrive.jp/ruby/regex/repeat/index1.html
https://www.javadrive.jp/ruby/regex/repeat/index2.html

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした