Help us understand the problem. What is going on with this article?

[メモ]cygwin環境の構築

WindowsにCygwin環境を再構築することにしたのでついでに手順をメモ。

  • Python 3.6
  • Fortran90
  • C/C++

を使って科学技術的な計算をする人向け。

まず、
Cygwin上でmatplotlibは諦めよう
頑張ればできるのかもしれない。しかしその時間を開発にあてれば生産性は何倍にもなるだろう。
すこしのがまんで十分な環境が手に入る。

Anaconda導入

なにも考えることはない。
Python 3.6 Version 64bit-installer(32bitなら32bit)をダウンロードしてインストール。
https://www.continuum.io/Downloads
2019/03/22追記
Anacondaのドメインが変わっているのでこちらへ。
https://www.anaconda.com/distribution/

Cygwin導入

とりあえず公式からsetup-x86_64.exe(32bitの場合はsetup-x86.exe)をダウンロード。そのまま実行して、パッケージ選択まで次へを連打。
initial.png

今回入れるのは

C/C++

  • gcc-core
  • gcc-g++

Fortran

  • gcc-fortran

Python

Anacondaに任せた。

共通

  • make
  • git
  • wget

これらを選んだら次へ。依存関係に必要なパッケージを自動で出してくれるのでそのまま次へ進んでインストール。

apt-cyg導入

本題とはズレるが今後のパッケージ管理のためにapt-cygを導入しておく。
これに関してはこちらを参照させていただきました。
http://qiita.com/hkuno/items/df06db4bb406a17d2494

matplotlib導入

cygwinで苦労するのがmatplotlibの導入。冒頭に書いたとおり、諦める
が、Anaconda側のPythonのパスが通っていれば、CygwinでiPythonを呼ぶとAnacondaのものが呼ばれる。このiPython上でならscipyもmatplotlibも問題なく動作する。なお、この場合はPython環境はAnacondaのものになるのでPythonのパッケージのインストールなどはcondaで行う。
(これならばX windowsも動かさなくていいのでわりと労力はトントンじゃないだろうか。)

2017/10/02 追記
cygwinにAnacondaのパスを通す。cygwinのユーザディレクトリにある.bashrcに以下を追加する。

PATH=/cygdrive/c/Anaconda3:/cygdrive/c/Anaconda3/Scripts:/cygdrive/c/Anaconda3/Library/bin:$PATH
export PATH

.bashrcは一度でもmintty(cygwinでよく使われるターミナル)を起動すれば自動でされている。Windows側でAnacondaのインストール場所を変更している場合は適宜PATHを変更すること。
これでcygwin上でipythonを経由せずにanacondaのpythonを叩ける。

まとめ

MacかLinuxを用意しよう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした