search
LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

posted at

Railsアプリのための環境構築

構築済の環境

  • Homebrewのインストール
  • rbnevのインストール
  • Rubyのインストール(2.7.2)
  • node.jsのインストール

RubyGemsのアップデート

Rubyのサードパーティライブラリの利用で、プログラミングが楽になるようです。
これらは「gem」という形式で配布されています。
「RubyGems」というパッケージ管理ツールはRubyインストール時に同梱されるようです。

最新版へのアップデートは以下のコマンド。

$ gem update --system

Bundlerのインストール

開発現場では、gemの管理が重要になってきます。
そこで登場するのが「Bundler」プロジェクトで用いるgemをまとめ、互換性を保ちながらパッケージの種類やバージョンを管理してくれます。
プロジェクトのディレクトリに「Gemfile」というファイルを作成し,gemの名前を記載しておくと、うまくやってくれます。

以下のコマンドでインストール

$gem install bundler

今後はBundler経由でgemに関する操作をすることで、メンバーとの環境を同様にすることができます。
(gemコマンドで直接操作してしまうと、Bundlerの管理環境から逸脱してしまうようです)

データベース(MySQL)のインストール

今回はMySQlを利用します。

brew install mysql

インストール後、起動させます。

mysql.server start

(以下でもOK?)

brew services start mysql@バージョン

「SUCCESS」と表示されれば起動完了です。

データベース(MySQL)のインストール

今回はMySQlを利用します。

brew install mysql

インストール後、起動させます。

mysql.server start

(以下でもOK?)

brew services start mysql@バージョン

「SUCCESS」と表示されれば起動完了です。

MySQLの初期設定

起動状態で以下のコマンド入力をして、初期設定をおこないます。

mysql_secure_installation

いくつか設定項目が続きます。順番は以下の通りです。

1.パスワード設定を行うか問われるのでyを入力。

2.パスワードの強度を設定。練習なので「0」のLowを選択。

3.パスワードを2回入力し、設定完了。

4.「匿名ユーザー」を削除するかの質問。これはMySQLをインストールした際に自動で作成されるユーザーアカウントで、パスワード不要でMySQLに接続することが可能。
セキュリテイ上のリスクがあるためyを入力。

5.「root」ユーザー(初期設定)へのログインをリモートサーバーから可能にするかの確認。
同様にセキュリテイ上のリスク回避のためyを入力。

6.デフォルトのテストデータベースを削除するかの確認。使用しないのでyを入力。

7.これまでの設定内容を即時にデータベースに反映するかの確認。yを入力。

これで設定は完了です。

MySQLへのログイン・ログアウト・停止

設定したパスワードでログインします。

mysql -uroot -p

ログアウトは、

exit;

「Bye」と表示されればログアウト完了です。

MySQL自体の停止は、

brew services stop mysql@バージョン名

「Successfully stopped msyql@」と表示されれば停止完了です。

ここまで、環境構築は終了です。長かった…
次回はRailsアプリの新規作成までを記事にしていきます。

参考

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0