Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Tera Termの便利な機能

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

今回はTera Termの便利な機能について紹介させていただきます。

Tera Term Macro

Tera Term Macroは.ttl(Tera Term Language)の拡張子を持って実行するとmacro通り、Tera Term上で実行される便利な機能でございます。

下記の例はlinuxサーバーにSSH接続するマクロです。{}の中を自分の環境に合わせて変更後、使ってください。

example.ttl
;==============================================
;; 接続先IPアドレス
HOST='{接続先}'
;; ポート番号(SSH:22)
PORT='22'
;; ユーザ名
USERNAME='{ユザー名}'
;; キーファイル名
KEY_FILE='{鍵名}'
;; 設定ファイル(任意)
INI_FILE='TERATERM.INI'
;==============================================

;; 接続コマンド生成
MACRO_DIR=''
KEY_FILE_PATH='{鍵の場所}'
getdir MACRO_DIR
strconcat KEY_FILE_PATH KEY_FILE
COMMAND = HOST
strconcat COMMAND ':'
strconcat COMMAND PORT
strconcat COMMAND ' /ssh /2 /auth=publickey /user='
strconcat COMMAND USERNAME
strconcat COMMAND ' /keyfile='
strconcat COMMAND KEY_FILE_PATH

;; 接続
connect COMMAND

end

KEY_FILE_PATH='{鍵の場所}'は後ろに\を必ず付けてください。例:C:\keys\
「ttpmacro.exe」で上記で作成した.ttlファイルを実行できます。
image.png
実行すると上記のようにttlファイルを選択できるWindowが出るので、接続先ごとにttlを作って置くと便利にSSH接続ができるようになります。
マクロについてもっと詳しい情報は公式フォームページを参照してください。

サーバーからファイルのアップロードとダウンロード

image.png
File→SSH SCPをクリックします。
image.png
上の半分はアップロード、下の半分はダウンロード用です。
ほしいファイルを指定してアップロードとダウンロードが可能になります。
※権限がなければ出来ないのでご注意ください。

自動ログ作成

image.png
Setup→Additional settingsをクリックします。
image.png
「View log editor」にはログを開く際のエディターを設定できます。
「Default log save folder」にログを保存したいところを指定します。
「Auto start logging」にチェックを入れるとteraTerm上で出力されるすべての内容がログに記載されます。
間違いの設定などしたら、SSHの接続が終わっても確認できるので便利な機能です。
※Tera Termを同時に2つ以上開いた場合は最初のTera Termのみログされます。
※このログはただTera Term上で出力される文字を残すログなのでサーバーのログとは違います。

終わりに

以上、3つの機能についてご紹介させていただきました。
機会があれば、他の機能についてもご紹介させていただきます。
ありがとうございます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away