Thinkpad X240にDebian GNU/Linux jessieをインストールした

  • 9
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

前使ってたノートPCのバッテリが残念なことになってしまったので、新しくThinkpad x240を購入した。 

その際にどういう設定をしたか備忘録として残しておく。他のディストリビューションでもほぼ同じようにすればいいはず。

SSD換装

windowsが正常にブートすることを確認した後、HDDをM4-CT256M4SSD2(firmware:000F)に換装。無事ブートした。

ベースカバーを固定しているネジは緩めてもカバーに引っかかり、完全には外れないようになっている。いくら緩めてもネジが外れないなと誤解しないように注意。またベースカバーのファンに一番近いところにある爪が外れにくくて、難儀した。この爪を外すには、下敷きを適当に切って、ボトムカバーとキーボードベゼルの間に突っ込み、てこにするのが一番良さそうだ。

Debianインストール

unetbootinでbootableUSBメモリを作成、UEFIからsecure bootを切って、legacy bootを有効にすると、USBメモリからブートできたので、そのままインストール。

無線カードのドライバインストール

/etc/apt/sources.listにcontrib, non-freeを追加。

$ aptitude install firmware-iwlwifi

でIntel Corporation Wireless 7260のドライバを入れられた。

どうやら7260のサポートは3.11からのようなので古いカーネルを使っている人は注意。

タッチパッドで右クリックと中クリックができるようにする。

なんだか右クリックと中クリックができないので、ここを参考に/etc/X11/xorg.conf.d/50-sympatics.confを作成する。

注意:現状Evdev Wheel Emulationはうまく動きません。つまりtrackpointでスクロールは簡単にはできません。詳しくは以下を参照

https://bugs.freedesktop.org/show_bug.cgi?id=70780

バッテリの充電の劣化を防ぐために、充電を管理する。

$ "deb http://ppa.launchpad.net/linrunner/tlp/ubuntu lucid main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list
$ apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 02D65EFF
$ aptitude update
$ aptitude install tlp acpi-call-tools

でtlpをインストール。ivy bridge以前のthinkpadの場合は、acpi-call-toolsの代わりにtp-smapi-dkmsをインストール。

$ tlp setcharge 50 70 BAT0
$ tlp setcharge 60 80 BAT1

みたいに設定ができる。

この設定だと、内蔵バッテリは残量50%が下回ると充電が始まり、70%に達すると充電をやめ、リアバッテリは残量が60%を下回ると充電が始まり、80%に達すると充電をやめるようになる。