65
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

MacにJava開発環境をインストールする

最終更新日

2021年4月29日

検証を行ったmacOSのバージョンは下記です。

  • macOS Big Sur 11.3

インストールするもののバージョンは下記です。

  • AdoptOpenJDK 11.0.11 (HotSpot)
    • 2021年4月現在、AdoptOpenJDKはApple Silicon版(ARM64)のバイナリが提供されていません。Apple Silicon版Macをご利用の場合はLibericaまたはZuluを使ってください。
  • IntelliJ IDEA Community Edition 2021.1
  • Maven 3.8.1

この記事が古くなった場合、下記の手順は最新のインストール手順とは異なっている可能性があります。

JDK

JDKとは

Java Development Kitの略です。Java開発に必要なコンパイラ・JVM(Java Virtual Machine : Java仮想マシン)などが一体になっています。

JDKは色々な団体・ベンダーが提供しています。今回はAdoptOpenJDKを利用します。

複数バージョンのJDKをインストールしたい場合は、SDKMAN!を使ったほうがよいでしょう。

JDKのインストール

(1) https://adoptopenjdk.net にアクセスしてください。

(2) [OpenJDK 11]・[HotSpot]を選択したあと、[Latest Release]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 12.59.56.png

(3) [許可]をクリックしてください。

スクリーンショット 2020-06-01 9.36.13.png

(4) ダウンロードされた.pkgファイルを実行してください。

(5) [続ける]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.00.53.png

(6) [Continue]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.01.23.png

(7) [Agree]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.02.11.png

(8) [インストール]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.02.58.png

(9) Macアカウントのパスワードを入力して[ソフトウェアをインストール]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.03.43.png

(10) [閉じる]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.05.08.png

(11) [ゴミ箱に入れる]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.05.57.png

環境変数の設定

(1) ターミナル(未起動ならば起動してください)で下記コマンドを実行してください。これにより、環境変数 JAVA_HOME が設定されます。

cd ~
echo JAVA_HOME=/Library/Java/JavaVirtualMachines/adoptopenjdk-11.jdk/Contents/Home >> .zshrc
source .zshrc
echo $JAVA_HOME

1つ目のコマンド cd ~ で、ユーザーホームフォルダ(/Users/ユーザー名)に移動しています。

2つ目のコマンド echo JAVA_HOME=/Library/Java/JavaVirtualMachines/adoptopenjdk-11.jdk/Contents/Home >> .zshrc で、ユーザーホームフォルダ直下の.zshrcファイル(無かった場合は作成される)の最終行に JAVA_HOME=/Library/Java/JavaVirtualMachines/adoptopenjdk-11.jdk/Contents/Home という内容を追記しています。

この.zshrcファイルに書かれたコマンドは、ターミナルなどを起動した際に実行されます。

3つ目のコマンド source .zshrc で、.zshrcに書かれたコマンドを実行しています。2つ目のコマンド実行後にターミナルを再起動するならば、この3つ目のコマンドは不要です。

4つ目のコマンドでは、環境変数 JAVA_HOME の値を表示しています。正しく設定されていれば、設定したフォルダ名が表示されます。(設定されていない場合は何も表示されません)

この環境変数 JAVA_HOME は、様々なJava関連ツールが「JDKのインストール先」として使われます。設定しておかないと、それらのツールが動かない場合があります。

(2) ターミナルで下記コマンドを実行してください。これにより、環境変数 PATH が設定されます。

cd ~
echo PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin >> .zshrc
source .zshrc
echo $PATH

1つ目のコマンド cd ~ で、ユーザーホームフォルダ(/Users/ユーザー名)に移動しています。もし既にユーザーホームフォルダにいるのであれば、このコマンドは不要です。

2つ目のコマンド echo PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin >> .zshrc で、ユーザーホームフォルダ直下の.zshrcファイル(無かった場合は作成される)の最終行に PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin という内容を追記しています。

3つ目のコマンド source .zshrc で、.zshrcに書かれたコマンドを実行しています。2つ目のコマンド実行後にターミナルを再起動するならば、この3つ目のコマンドは不要です。

4つ目のコマンドでは、環境変数 PATH の値を表示しています。正しく設定されていれば、 表示結果の最後に /Library/Java/JavaVirtualMachines/adoptopenjdk-11.jdk/Contents/Home/bin が含まれています。

この環境変数 PATH は、ターミナルなどが「実行するコマンドを探すフォルダ」です。Javaの場合は javajavac などのコマンドが/Library/Java/JavaVirtualMachines/adoptopenjdk-11.jdk/Contents/Home/bin フォルダにあるため、この設定が必要になります。

(3) ターミナルで下記コマンドを実行してください。これにより、インストールされたJDKのバージョンが確認できます。

java --version
javac --version

(4) ターミナルを閉じてください。

もしインストールが上手く行かなかったら

ls /Library/Java/JavaVirtualMachines を実行して何も表示されない場合

JDKのインストールができていませんので、「JDKのインストール(4)」からやり直してください。

echo $JAVA_HOME を実行しても何も表示されない、または違うフォルダが表示される場合

環境変数 JAVA_HOME の設定に失敗しています。

.zshrcファイルをVSCodeなどで開いて修正するか、 rm -f ~/.zshrc で.zshrcを削除後に「環境変数の設定(1)」からやり直してください。

echo $PATH を実行しても最後に /Library/Java/JavaVirtualMachines/adoptopenjdk-11.jdk/Contents/Home/bin が表示されない場合

環境変数 PATH の設定に失敗しています。

.zshrcファイルをVSCodeなどで開いて修正するか、 rm -f ~/.zshrc で.zshrcを削除後に「環境変数の設定(1)」からやり直してください。

IntelliJ IDEA

IntelliJ IDEAとは

チェコのJetBrains社が開発しているIDE(統合開発環境)です。高機能かつ動作が軽快なので、とても人気があります。

他のJava向けIDEとしては、EclipseやNetBeansがあります。

無償のCommunity Editionと、有償(30日間は評価版として無償で利用可能)のUltimate Editionがあります。

今回はCommunity Editionのインストール方法を紹介します。

Ultimate Editionのインストール方法もほとんど同じはずです。購入したい場合はサムライズムさんのWebサイトへどうぞ。

IntelliJ IDEA Community Editionのインストール

複数バージョンのIntelliJ IDEAをインストールしたい場合は、JetBrains Toolboxを使うとよいでしょう。

(1) https://www.jetbrains.com/ja-jp/idea/download/ にアクセスしてください。

(2) [コミュニティ]の[.dmg (Intel)]または[.dmg (Apple Silicon)]を選択後、[ダウンロード]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.14.49.png

(3) [許可]をクリックしてください。

スクリーンショット 2020-06-01 10.56.24.png

(4) ダウンロードされた.dmgファイルを実行してください。

(5) [IntelliJ IDEA CE]のアイコンを、右側にある[Applications]フォルダにドラッグしてください。

スクリーンショット 2020-06-01 10.57.54.png

(6) 左上の赤い丸をクリックしてください。ウィンドウが閉じます。

(7) デスクトップにある[IntelliJ IDEA CE]を右クリック→["IntelliJ IDEA CE"を取り出す]を選択してください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.19.58.png

(8) Launchpadを開いて、[IntelliJ IDEA CE]をDockに追加してください。

スクリーンショット 2020-06-01 11.01.18.png

(9) Dockから[IntelliJ IDEA CE]を起動してください。

スクリーンショット 2020-06-01 11.02.21.png

(10) [開く]を選択してください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.21.17.png

(11) [I confirm that I have read and accept the terms of this User Agreement]にチェックを入れた後、[Continue]をクリックしてください。

スクリーンショット 2020-06-01 11.03.11.png

IntelliJ IDEAを好みに設定する(ここの手順は必須ではありません)

(1) [Customize]-[All settings...]を選択してください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.24.16.png

(2) [Appearance & Behavior]-[Appearance]を選択して、[Theme]で好きなカラーテーマを選択してください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.26.56.png

(3) [Editor]-[Font]を選択して、好きな[Font]・[Size]などを選択してください。

この設定はエディタ部分のフォントです。

スクリーンショット 2021-04-28 13.27.29.png

(4) [Editor]-[General]-[Code Completion]を選択して、Match case]のチェックを外してください。

[スクリーンショット 2021-04-28 13.28.19.png

デフォルト(Match case + First letter only)の設定では、大文字小文字まで厳密に書かないと補完されません。チェックを外すと、大文字小文字を無視して補完されます。

(5) ウィンドウ右下の[OK]をクリックしてください。

(6) [Cutomize]の[Accessibility]-[IDE font]で、好きなフォントサイズを選択してください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.33.32.png

この設定はメニュー部分のフォントです。

(7) 左下の歯車アイコンをクリック→[Edit Custom VM Options...]を選択してください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.30.20.png

表示されたウィンドウで -Xms-XmX の行を書き換えることで、IntelliJ IDEAが利用するメモリ量を変えることができます。もしMac本体のメモリに余裕があるならば、 2G4G などに増やしておくと、よりIntellij IDEAの動作が軽快になります。変更後は[Save]をクリックしてください。

例:
スクリーンショット 2021-04-28 13.34.20.png

IntelliJ IDEAでHello World

(1) [Projects]の[New Project]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.36.40.png

(2) 左側のメニューから[Java]を選択→[Project SDK]が[11 version 11.0.11]になっていることを確認した後、[Next]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.38.39.png

(3) そのまま[Next]をクリックしてください。

スクリーンショット 2020-06-01 11.28.54.png

(4) [Project name]に適当なプロジェクト名を入力した後、[Finish]をクリックしてください。

スクリーンショット 2020-06-01 11.29.19.png

(5) [Tip of the Day]は、IntelliJ IDEAを開くたびに使い方のTIPSを教えてくれるものです。必要のない場合は[Don't show tips]にチェックを入れた後に[Close]をクリックしてください。必要な場合はチェックを入れずに[Close]をクリックしてください。

スクリーンショット 2020-06-01 11.30.14.png

(6) [Code With Me]の[Got It]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.41.15.png

(7) [What's New in IntelliJ IDEA]の×印をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.42.12.png

(8) [src]フォルダを右クリック→[New]-[Java Class]を選択してください。

スクリーンショット 2020-06-01 11.32.31.png

[src]フォルダにカーソルを合わせた後にCommand + Nでも同じことができます。

スクリーンショット 2020-06-01 11.33.40.png

(9) [Class]を選択→「Hello」と入力→Enterしてください。

スクリーンショット 2020-06-01 11.34.04.png

(10) Hello クラスを下記のように編集してください(保存は自動で行われますので不要です)。

public class Hello {

    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello!");
    }
}

クラス直下で psvm と入力→ psvm を選択してEnterすると、 main() メソッドが補完されます。

スクリーンショット 2020-06-01 11.36.39.png

main() メソッド内で sout と入力→ sout を選択してEnterすると、 System.out.println() が補完されます。

スクリーンショット 2020-06-01 11.38.46.png

(11) クラス内で右クリック→[Run 'Hello.main()']を選択すると、実行されます。

スクリーンショット 2020-06-01 11.39.52.png

クラス内で Shift + Control + Rでも実行可能です。しかし、macOS側のキーボード設定が[U.S.]でないとうまく実行されません。キーボード設定の方法については@yusukeさんの資料をご確認ください。

Maven

Mavenとは

一般的には「ビルドツール」と呼ばれるものです。 javac を利用したコンパイルや、JAR/WARへのアーカイブ、必要なライブラリのダウンロード+クラスパスへの追加などを行ってくれます。

Mavenに関する説明は僕の資料をどうぞ!

Maven以外にはGradleも有名なビルドツールです。

Mavenのインストール

前述のSDKMAN!や、Homebrewでインストールすることも可能です。

(1) https://maven.apache.org/download.cgi にアクセスしてください。

(2) [Files]の[apache-maven-3.8.1-bin.zip]をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-28 13.49.04.png

(3) [許可する]をクリックしてください。

(4) ダウンロードされたZIPファイルをダブルクリックしてください。ZIPが展開されます。

ブラウザの設定によっては、ダウンロード直後に既に展開済みになっていることがあります。その場合は、この手順は不要です。

(5) 作成されたapache-maven-3.8.1フォルダを、ユーザーホームフォルダ(/Users/ユーザー名)直下に移動させてください。

Downloadsフォルダ内でも使えるのですが、誤って削除したりしないよう、別のフォルダに移します。

(6) ターミナルで下記コマンドを実行してください。これにより、環境変数 PATH が設定されます。

cd ~
echo PATH=$PATH:~/apache-maven-3.8.1/bin >> .zshrc
source .zshrc
echo $PATH

1つ目のコマンド cd ~ で、ユーザーホームフォルダ(/Users/ユーザー名)に移動しています。もし既にユーザーホームフォルダにいるのであれば、このコマンドは不要です。

2つ目のコマンド echo PATH=$PATH:~/apache-maven-3.8.1/bin >> .zshrc で、ユーザーホームフォルダ直下の.zshrcファイルの最終行に PATH=$PATH:~/apache-maven-3.8.1/bin という内容を追記しています。

3つ目のコマンド source .zshrc で、.zshrcに書かれたコマンドを実行しています。2つ目のコマンド実行後にターミナルを再起動するならば、この3つ目のコマンドは不要です。

4つ目のコマンドでは、環境変数 PATH の値を表示しています。正しく設定されていれば、 表示結果の最後に /Users/ユーザー名/apache-maven-3.8.1/bin が含まれています。

(7) ターミナルで下記コマンドを実行してください。これにより、インストールされたMavenのバージョンが確認できます。

mvn -v

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
65
Help us understand the problem. What are the problem?