Edited at

yarnをインストールする

More than 1 year has passed since last update.


背景

jsのパッケージを管理できるパッケージマネージャです。

bowerを使っていましたがyarnに移行したときの備忘録です。

間違っているところがあれば、ご指摘ください。


node.jsをインストール

https://nodejs.org/en/


npmを確認

node.jsをインストールするとnpmが入っているはずなので以下のコマンドを実行する

# node.jsのバージョンを確認

node -v
# npmのバージョンを確認
npm -v


yarnをインストール

# npm 経由でyarnをインストール

npm install -g yarn
# yarnのバージョンを確認
yarn -v
# yarnの初期設定
yarn init
# yarnでjqueryをインストールしてみる
yarn add --save jquery

パッケージのバージョン記載されているpackage.jsonが設置され、パッケージ自体は、デフォルトでnode_modules/に設置される。


おまけ1) パッケージのインストール先を変える


  • .yarnrcをpackage.jsonと同じ階層に設置する

  • --modules-folderでpathを設定する


.yarnrc

--modules-folder ./パッケージ設置したい場所


あとは、yarn add でパッケージをインストールするだけ


おまけ2 非公開側と公開側でパッケージを分ける

タスクランナーなどは、公開領域に置きたくないということがあったので、package.jsonを二つに分けました。yarnのコマンドは各ディレクトリで実行するような感じになります。


root/

 ├ package.json ← 非公開側のpackage.json

 ├ node_modules/

 └ app/ ← 公開領域

   ├ package.json ← 公開側のpackage.json

   └ node_modules/