Posted at

IntelliJ IDEAでKotlinを始めてHello Worldする

本稿ではIntelliJ IDEAでKotlinのプロジェクトを作り、Hello Worldするまでの流れを解説する。


事前準備


  • 事前にインストールが必要なもの



  • インストール不要なもの


    • Kotlin (IntelliJ IDEAに内蔵されているため不要)



JDKが入っていることを確認:

$ java -version

openjdk version "11.0.2" 2019-01-15
OpenJDK Runtime Environment AdoptOpenJDK (build 11.0.2+9)
OpenJDK 64-Bit Server VM AdoptOpenJDK (build 11.0.2+9, mixed mode)


IntelliJ IDEAでKotlinを始める

「Create New Project」を押す。

Welcome_to_IntelliJ_IDEA.png


  • 「Java」モジュールを選択する。

  • 「Project SDK」でインストールしたバージョンのSDKを選択する。(僕の場合はOpenJDK 11なので「11」を選択。もしここに選択肢がない場合は、後述するjava_homeコマンドでJAVA_HOMEのパスを調べたのち、「New」でそのHomeディレクトリを選択する。)

  • 「Kotlin/JVM」にチェックを入れる。

New_Project.png

SDKが見つからない場合は、下記コマンドでSDKのありかを探そう。

/usr/libexec/java_home -V

Matching Java Virtual Machines (2):
11.0.2, x86_64: "OpenJDK 11.0.2" /Library/Java/JavaVirtualMachines/adoptopenjdk-11.0.2.jdk/Contents/Home
1.8.0_201, x86_64: "Java SE 8" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_201.jdk/Contents/Home

プロジェクト名を決める。

New_Project.png

これでプロジェクトディレクトリが生成される。


Hello Worldするプログラムを作る

Kotlinのファイルをひとつ作りたいので、プロジェクトツリービューのsrcフォルダを右クリックして、「New」→「Kotlin File/Class」を選ぶ。

Screen_Shot_2019-03-26_at_11_44_38.png

ファイル名を決める。(ここではappにします。)

Screenshot_2019_03_26_11_48.png

src/app.ktを開き、Hello Worldするコードを書く。

Screenshot_2019_03_26_11_56.png


app.kt

fun main() {

println("Hello World!")
}

1行目の「▶」をクリックし、「Run 'AppKt'」をクリックすると、このコードが実行される。

Screen Shot 2019-03-26 at 12.38.27.png

問題なければRunウィンドウに実行結果が表示される。

HelloWorld___Volumes_dev_HelloWorld__-_____src_app_kt__HelloWorld_.png


元ネタ