英語

コードに頻出する語形変化が難しい英単語: register, success, fail, data, statusなど

コードによく使われる英単語だが、母語話者でないと語形変化がやや難しいかもしれず、注意して単語を選ばないと変な英語になるかもしれない単語について紹介する。

登録

  • 登録する register 【動詞】
    • 「商品を登録する」 registerItem()
  • 登録した registered 【形容詞】 【動詞過去分詞】
    • 登録された商品 registeredItems
    • 「商品が登録された」 new ItemRegstered()
    • 「登録済みか?」 if (item.isRegistered()) ...
  • 登録 registering 【名詞】
    • 「商品登録状況は承認済みか」 item.registeringState.isApproved
  • 登録 registration 【名詞】
    • 商品登録サービス class ItemRegisterationService
  • 登録係(記録する側) registrar 【名詞】
    • 商品登録サービス itemRegistrar.registerItem(item)
  • 登録者(記録される側) registerer 【名詞】
  • 登録媒体 registry 【名詞】
    • 設定レジストリ configRegistry.get(...)

registはよく見かけるけど和製英語です

成功と失敗

  • 成功する / 失敗する succeed / fail 【動詞】
    • テストケースを失敗にする testCase.fail()
  • 成功 / 失敗 success / failure 【名詞】
    • 結果は成功か? if (result.isSuccess()) ...
    • 失敗理由 class FailureReason
    • 失敗回数 failureTimes
    • ちなみに、【名詞】failは【名詞】passの対義語で「試験不合格」の意味になる
  • 成功した / 失敗した succeeded / failed 【形容詞】【動詞過去分詞】
    • リクエストは成功したか? request.isSucceeded()
    • 失敗に終わった処理 class FailedOperation
  • 成功の / 失敗の successful / unsuccessful, failed 【形容詞】
    • 成功したログイン回数 successfulLoginCount
    • 失敗した支払い failedPayment
  • 成功的に / 失敗で successfully / unsuccessfully 【副詞】

この非対称性がコーディングを厄介にすることがあります

動詞 → 名詞 → 形容詞 → 副詞
succeed → success → successful → successfully
fail → failure → failed → unsuccessfully

データ

  • データ(data)はすでに複数系なので、datasとできない。 ちなみに単数形はdatum。
    • :cry: getDatas(): Array<Data> { ...
    • :cry: $datas = [$data, $data, $data]
  • 代わりに、dataListやdataSetを使うといい。
    • $dataList = [$data, $data, $data]

条件

  • 条件(単数) criterion
  • 条件(複数) criteria
  • つまり criteria = new Array(criterion, criterion, criterion)
  • dataの複数形がdatasでないように、criteriasという複数形はない。
  • 単数形のほうが複数形よりも長いので間違えやすい
  • condition/conditionsに逃げるのも手

状態

送信者と受信者

  • 送信する(send)は不規則変化動詞
    • send / sending / sent / sent
  • 受信する(receive)は規則変化動詞だが、現在進行系は注意
    • receive / receiving / received / received
  • 送信者はsend + er => sender(センダー)
  • 受信者は recipient (レシピエント) と語彙化した名詞がある
    • receive + er の receiver もおかしくないが、メールの受信者はrecipientがよく使われる
$emailSender = '...';
$emailRecipient = '...';