Help us understand the problem. What is going on with this article?

npmパッケージ公開のHello World (初めてのパッケージ公開)

この投稿では、npmパッケージを初めて公開するための練習として、必要最低限のファイル構成でパッケージ公開する方法を説明します。

ここで説明するのは、あくまで「練習」であって、実践ではファイル構成や手順がもっと複雑になります。極小のパッケージ公開を体験することで、実践に移しやすくなればと思います。

最低限のファイル構成

  • package.jsonがただ一つ有ればいい
最低限のファイル構成
.
└── package.json

0 directories, 1 file

最低限のpackage.json

  • nameversionだけ有ればいい。
package.json
{
  "name": "@suin/test-1",
  "version": "0.0.1"
}

注意: 一度公開したname+versionは公開停止(unpublish)したとしても再利用できないので、試す場合は使えなくなっても困らないnameversionにしてください。試す場合は、自分のscope(@ユーザ名/パッケージ名の形式)で行うようにし、NPMのグローバルスコープを汚さないようにしましょう。

最低限の公開手順

  • npm publish --access publicを実行します。
    • --access publicを付けないと非公開パッケージとしてNPMに登録できますが、課金ユーザ限定の機能です。
$ npm publish --access public
npm notice
npm notice 📦  @suin/test-1@0.0.0
npm notice === Tarball Contents ===
npm notice 71B package.json
npm notice === Tarball Details ===
npm notice name:          @suin/test-1
npm notice version:       0.0.0
npm notice package size:  163 B
npm notice unpacked size: 71 B
npm notice shasum:        f9226fd47994a2eeb0c4dbd450c85097cf2d0bcb
npm notice integrity:     sha512-UdTvCTfjd/Nzd[...]UFWLtaf6/cXyA==
npm notice total files:   1
npm notice
+ @suin/test-1@0.0.0

最後までお読みくださりありがとうございました。Twitterでは、Qiitaに書かない技術ネタなどもツイートしているので、よかったらフォローお願いします:relieved:Twitter@suin

suin
Qiita 4位/TypeScript入門書執筆中/TypeScripterのための座談会「YYTypeScript」主催/『実践ドメイン駆動設計』書籍邦訳レビュア/分報Slack考案/YYPHP主催/CodeIQマガジン執筆/株式会社クラフトマンソフトウェア創設/Web自動テスト「ShouldBee」の開発/TypeScript/DDD/OOP
https://yyts.connpass.com/
shouldbee
開発者向けテスト支援サービスShouldBeeを開発・運営するスタートアップ(onlab第8期)
http://shouldbee.at
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした