Help us understand the problem. What is going on with this article?

YYPHP#16 イベントレポート「Laravelらしい書き方、PHP5.1環境の作り方、Laravelのコードを追う、Vue.js、CakePHP」

More than 1 year has passed since last update.

これは2017年11月22日に開催したPHPerイベントYYPHP#16のイベントレポートです。

YYPHPは一言で「PHPerの部室」です。PHPについて、雑に、ゆるく、ワイワイ話し合う集いです。毎回お題を決めずに雑談を出発点にいろいろなことを突発的にやります。集まった人でコードリーディングをすることもあれば、一緒に開発ツールを触ってみたり、フレームワークについての情報交換をすることもあります。開催は毎週水曜19:00に高田馬場にて。

参加者

  • 8名
  • PHP歴の分布
    • 10年〜: 3名
    • 3年: 1名
    • 数ヶ月: 2名
    • 1年ちょっと: 1名
    • 1年弱: 1名

Cakeのすごいところ

  • 日本語の情報が多い(Cake2)。Cake3は少ない?

Laravelらしい書き方

PHP in Dockerのリモートデバッグ(Linux環境)

ホスト側にIPアドレスのエイリアスを貼る:

sudo ifconfig en0 alias 10.254.254.254 255.255.255.0

コンテナの中から疎通するかテスト:

docker-compose exec php sh
apt-get intall netcat
nc 10.254.254.254 9000

PHP5.1環境の作り方

Laravelのコードを追う

  • Authのロジックを追ってみる
    • AliasLoaderがエイリアスをロードしている
      • 実体名で探せない場合は、ルール下で自動的に読み込まれたりしているので、分からない場合はそういう部分を探してみる
    • "function guard" でgrepして本体を探す

Vueのインスタンス

  • どういう粒度で作ればよいか

Laravelの勉強法

その他

  • 家族でSlack
    • LINEがいや
    • 家族でウォッチしているブログの更新通知を受け取ったり
    • LINEはPCがしょぼい

参加者の感想「今回参加してよかったことは何ですか?」

  • 新しくシステムを作るのにLaravelを使おうかなと思っているのでLaravelの使い方をなんとなくだが見ることができたのはよかった
  • 予想以上にいろいろ聞ける
  • コードレビューを頂けたので良かった
  • 楽しかった

YYPHPは毎週やってます

PHPについてワイワイ話したい方は、YYPHPのイベント情報をチェックしてみて下さい。

以上、YYPHPのレポートでした。次回もワイワイやっていきたいと思います! では、また来週!

suin
Qiita 4位/TypeScript入門書執筆中/TypeScripterのための座談会「YYTypeScript」主催/『実践ドメイン駆動設計』書籍邦訳レビュア/分報Slack考案/YYPHP主催/CodeIQマガジン執筆/株式会社クラフトマンソフトウェア創設/Web自動テスト「ShouldBee」の開発/TypeScript/DDD/OOP
https://yyts.connpass.com/
shouldbee
開発者向けテスト支援サービスShouldBeeを開発・運営するスタートアップ(onlab第8期)
http://shouldbee.at
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした