GoogleTagManager

GA 初心者プログラマが Google Tag Manager を使った経験から、説明を少し補足する

概要

Google Tag Manager は、ログ取得を中心としたタグの埋め込みをサポートするツールです。

巷の解説記事を読むと、非プログラマ向けのものが殆どですね。
WEBサイトの運営者(オーナー、マーケティング担当者)はプログラムを書けないことが多いと思うので、プログラマ向けの記事が少ないのは仕方ないですね。

しかし、GA がそうであるように、ちょっと凝った(標準対応されていない)ログを取得しようとすると、プログラミングが必要になります。

そんな時、プログラマとしては、「WEBの仕組みを分かっている人向けの、Google Tag Manager の技術的な仕組みの解説」があった方が助かるわけです。
非プログラマ向けの記事では、そういったところがスルーされていて、分かったような分からないような気にさせられます。

その辺りをちょろっと補うことが本記事の目的です。

Google Tag Manager の説明補足

プログラマが WEBページと Google Tag Manager で行う作業は以下です。

説明画像

こうしておくと、Google Tag Manager は、dataLayer で設定した変数を各タグで使用する変数にマッピングした上で、タグを自動生成してくれます。

プログラマは、Google Tag Manager の管理画面で各タグ向けの変数や配信条件(タグを生成する条件)を設定し、WEBページでは dataLayer を使って変数に値を設定するのです。簡単に言うとこれだけで、後は細かい微調整の領域です。

補足の補足

Google Tag Manager にはデフォルトで設定してくれる変数があります。ページのURLなどです。
そのため、こういった基本的な値のみを参照するタグであれば、デフォルト設定で良しなに動いてくれたりします。

まとめ

内容は薄いですが、個人的には、こういった説明があれば理解が早くなったのになーと思い、記事にしてみました。