LoginSignup
1

posted at

updated at

Pyxelで作ったゲームをネット上に公開しよう!

作ったゲームを公開しよう!

Pyxelでゲームを作っているみなさん!せっかく作ったゲーム、色んな人に遊んでもらいたくないですか!?👾
頑張って作ったゲームを自分だけしか遊ばないのはもったいない!🥺

この記事では、GitHubと、GitHub Pagesというものを使って、作ったゲームをインターネット上に公開する方法を紹介します!

1. GitHubのアカウントを作成する(持っていない人)

こちらの記事を参考に、GitHubのアカウントを作成しましょう

2. GitHub上にリポジトリを作成する

GitHub上に、リポジトリというものを作成していきます!リポジトリとは、ざっくりいうとデータを置く場所のことです!

GitHubの右上の+ボタンを押し、New repositoryを押します
20230126-113148.png

するとこのような画面になり、リポジトリの情報を入力する画面になります。
image.png
各項目、以下の通り入力しましょう!
image.png
Repository name
ゲームの名前を入れましょう!アルファベットで入力するのがよき!スペースは使わない方がよき!
image.png
ここはPublicを選択してください!
image.png
Add a README fileにチェックを入れます

必要事項を入力し終わると、一番下のCreate repositoryが押せるようになるので、押します!
image.png
これでリポジトリの作成が完了しました!
image.png

3. ファイルをリポジトリにアップロードする

それでは、Pythonのファイルをアップロードしていきましょう!
リポジトリのページを開いて、+ボタンからUpload filesを押します
image.png
するとこのような画面になるので、
image.png
Pyxelのpythonファイルをドラッグ&ドロップします
(resourceがある人はそれも)
image.png
Commit changesを押します
image.png
ファイルが追加されていれば成功です!
image.png

4. webサイトを設定する

ここでは、webサイトを表示するためのhtmlファイルを作成します!

リポジトリの+ボタンを押し、Create new fileを押します
image.png
ファイル名をindex.htmlにして、
Edit new fileの欄に

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/gh/kitao/pyxel/wasm/pyxel.js"></script>
<pyxel-run name="Pythonのファイル名.py"></pyxel-run>

と書きます!
image.png
用意ができたら、画面の下の方のCommit new fileを押します
image.png

5. GitHub Pagesを設定する

いよいよ仕上げです!

リポジトリのSettingsPagesを開き、
20230126-163729.png
Branchの部分のNonemainに変更し、Saveを押します
image.png
上の方にGitHub Pages source saved.と出たら成功です!
image.png
しばらく待つと、Visit siteというボタンが出現します!これを押すと、、、
image.png
無事にインターネット上にゲームを公開することができました!🎉
image.png
このリンクをツイートしたり、友達に送ったりして、自分のゲームをたくさんの人に遊んでもらいましょう!

(余力がある人向け)READMEを充実させよう!

READMEは、リポジトリについての情報をまとめた、いわばリポジトリの顔です!
READMEに、ゲームの遊び方や工夫した点、攻略などを書いて、より良いリポジトリにしましょう!

README.mdの右側にある、🖋のボタンを押します
image.png
するとこのような画面になるので、ここに文章を書きましょう!
image.png
ちなみに、このREADMEはMarkdownという記法で書かれています!

Markdownは、書きやすくて読みやすい記法です!
この記法に則ってREADMEを書くと、
image.png
これだけで簡単に読みやすい文書を作ることができます!

文章を書き終わったら、一番下のCommit changesを押して、
image.png
完成!
image.png

今回作ったリポジトリはこちら!

参考

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1