Network
WiFi

ネットワーク変更時のメモ

More than 1 year has passed since last update.

社内のネットワーク環境を変更する作業を行ったので、そこで調べたことを纏めておこうと思います。

前提

  • 人数/規模は10人前後→各人の端末(PC/SP)を考えると接続数は約20前後
  • 回線は光回線
  • スイッチングHUBは使用していない→ルーターのLANポートから直接接続
  • 担当エンジニア(私)のspec
    • NWについてはなんとなく理解している程度(基本情報の知識程度)
    • 構築経験は無し
    • 基本他作業と並行でやっている

問題

  • 無線が途切れる現象が頻発するようになった
  • 体感的に、(メンバーが増えて)接続数が増えてきたタイミングで発生するようになった

調べたこと

既存環境調査

  • "ルーター"だと思っていたもの

    • ONU/ルーター/アクセスポイント一体型の装置(無線は無線LANカードを挿して無線化)
    • ONU: 光回線信号を電気信号に変換する装置
    • ルーター: 複数端末をインターネットに接続させるための機器
    • アクセスポイント: 無線LANに接続をするための中継機器、各端末はこの機器で設定したSSIDに接続する

    上記装置をごっちゃにして認識していました

その他の調査

  • アクセスポイントへの給電方法
    • ACアダプタ: 普通にコンセントを本体に接続して給電
    • PoEインジェクター: LANケーブル経由で給電(Power over Ethernet)
    • PoE機能付スイッチングHUB: 給電方法自体はPoEインジェクターと同様
  • ルーターのモード

    機種によってだが、モードを切り替えられるものがある

    • ルーターモード: 通常のルーターとして使用する際のモード
    • ブリッジモード: アクセスポイントとして使用する際のモード(ルーター機能はOFFになる)

起きてる事象から原因を推測

  • オフィスにいる人数が増えると現象が発生しやすい
  • 1通信そのものは速度問題なさそう
  • ドアのような干渉物があると無線届きづらい

    →やはり同時接続が問題?+さらにスペックの問題もありそう

検討

  • 同時接続が問題っぽいので、無線での各端末からの無線での接続をうまく捌ければ良い
  • 既存NW構成はなるべく変えたくない
    • 業務止めることになる
    • 変更に失敗し、なおかつ切り戻せなかった場合、業務完全停止する
    • 作業コストの問題
  • アクセスポイント追加なら既存NWに追加するだけ!
  • 同時接続可能数が多い機種をチョイス!

変更作業

変更前

[ONU+ルータ+無線一体型] ← [無線] ← [各端末]  

変更後

[ONU+ルータ+無線一体型] ← [有線] ← [アクセスポイント] ← [無線] ← [各端末]

結果

  • 途切れるような現象は無くなった
  • やはり原因は同時接続数だったようだ
    • ルーター自体は交換していないので、あくまでもルーターに行く手前の交通整理の部分が問題だったのかと。
    • あと単に、既存のONU+ルータ+無線一体型の機器スペックの問題もあったのかも。

作業自体は大したことなかったが、経験薄かつ他エンジニアいない状態だったり、既存環境調べたり等、事前調査を厚めにした(つもり)。おかげでそれなりに勉強になりました。azs!