Unity
VR

unityでVRアプリを作ろう その1

More than 1 year has passed since last update.


概要

VRアプリを作ってみたい。そんなことを思って書いてみた。

自分用のただのメモとして書いてきます。


目次


  • 環境


  • インストール


  • プロジェクト作成


  • 動かしてみる


  • VRアプリを作ってみる



環境


  • MacBookPro(macOS Sierra)

  • android 7.0

  • VR(Cardboard、ハコスコなどみれるもの)

  • Unity 5.6.0b11

  • Google VR SDK for Unity


  • Android SDK(Android Studioから)


    インストール



  • VRアプリを作るためにUnityとVR用のSDKをインストールします。(macを使っているので、windowsを使ってる人はそれ用に置き換えて。)



Google VR SDK for Unity

https://developers.google.com/vr/unity/

ここからDownload the [Google VR SDK for Unity.]をクリック->[Download SDK]でダウンロードする。(とりあえずダウンロード ファイル名:GoogleVRForUnity-2.unitypackage)

この中で、


Using the native integration requires the Unity 5.6 beta. The Google VR SDK requires Unity 5.2.1 or later.


(ネイティブインテグレーションを使用するには、Unity 5.6ベータ版が必要です。Google VR SDKには、Unity 5.2.1以降が必要です。)

と書いてあるので

Unityは5.6β以上をインストールする。


Unity

https://unity3d.com/jp/unity/beta

からUnityDownloadAssistant-5.6.0b11.dmgをダウンロードしてインストーラに従ってインストール。

今回はUnity 5.6.0b11(2017/3/12現在最新)を使用する。

インストーラ.png

-> Unity DownloadAssistant.app をクリック

->“Unity Download Assistant.app”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?

->開く

->Continue

->Continue

->Agree

->必要なものをインストール

今回は以下をインストールした


  • Unity 5.6.0b11 (本体)


  • Standard Assets (標準でついている素材)


  • Example Project (サンプル)


  • Android Build Support (アンドロイド用ビルド)


->Continue

->Continue