CentOS6
letsencrypt

CentOS6.x > Let’s Encrypt(certbot)

環境

OS: CentOS6.9
さくらのクラウドでRedmineを自動インストール済

参考

いろんなサイトを参考にさせていただきましたが、 Let’s Encrypt周りは、(Python周り?)は変化が早いのか、
どれを試してもうまくいきませんでした。(virtualenvが無いと弾かれてしまう)
以下を試してもうまくいかず・・・
CentOS 6 で発生するエラーの対処法 - Let's Encrypt 総合ポータル
certbot-auto 0.9.3 において、これらの不具合が解消しているらしいが、解消しておらず・・・(2017/12/1現在)

最終的には以下を参考に
How to Install Python 2.7.14 on CentOS/RHEL 7/6 and Fedora 27/26/25

Phthonをソースコードからビルドして実行する事で、certbotを起動してLet’s Encryptの設定ができました。

Let’s Encrypt 利用手順

必用パッケージのインストール

install epel-release

yum install epel-release

Step 1 – Install GCC

yum install gcc openssl-devel bzip2-devel

Step 2 – Download Python 2.7

cd /usr/src
wget https://www.python.org/ftp/python/2.7.14/Python-2.7.14.tgz

Step 3 – Extract Archive and Compile

tar xzf Python-2.7.14.tgz
cd Python-2.7.14
./configure --enable-optimizations
make altinstall

Step 4 – Check Python Version

/usr/local/bin/python2.7 -V

Step 5 – Install PIP

curl "https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py" -o "get-pip.py"
python2.7 get-pip.py

Step 6 – Install virtualenv

pip install virtualenv

certbot(letsencrypt)の起動

cd /usr/local/
wget https://dl.eff.org/certbot-auto
chmod a+x certbot-auto
./certbot-auto

無事にスタートすれば
あとはなんとなく質問に回答していく。

最終確認

最後にメールで確認がくるのでそれに応えればOKです。

メールは、Electronic Frontier Foundation からやってきます。