Help us understand the problem. What is going on with this article?

mysql8系利用時の備忘録

MySQL8系を扱うことになったので、調査した内容をメモしておく。

MySQLはバージョンアップする度に、余計な設定変更されたりするので注意して利用しなければいけない奴だと思っている。もちろんパフォーマンスが改善されたり、アップデートされた機能もあるので、適切に扱ってあげれば大丈夫な子なんです。

漢のコンピュータ道
http://nippondanji.blogspot.com/2018/05/mysql-80.html

さようなら、クエリキャッシュ

MySQLに特徴的な機能として、多くの方から愛用されたクエリキャッシュは、時代と共にその役割を終え、ついにMySQL 8.0から削除された。クエリキャッシュのような結果をキャッシュする機能を使いたい場合は、アプリケーション側で結果をキャッシュするなど工夫して欲しい。MySQL側でやろうとするとオーバーヘッドが大きくなってしまうからだ。
クエリキャッシュファンには申し訳ないが、MySQL 8.0ではもう使うことはできないので諦めて欲しい。

実に辛い。

MySQLの容量とか圧縮まわり
https://www.slideshare.net/satoshimitani71/mysql-171517476

information_schema_stats_expiry

テーブル統計をキャッシュを保持しておく期間
デフォルトは1⽇(86400秒)
キャッシュがexpireしたら、InnoDBに 「最新の統計情報」を取りに⾏く
information_schema_stats_expiry
どういう効果を意図したパラメータなんでしょう・・・
⾃分は 0 にします

是非、意図があるなら自分にも教えてほしい。

FYI https://yoku0825.blogspot.com/2019/05/mysql-80show-table-status.html

MySQL 8.0は何が優れていて、どこに注意すべきか。データベース専門家が新機能を徹底解説
https://employment.en-japan.com/engineerhub/entry/2018/09/18/110000

log_bin変数のデフォルト値が「0(ログを出力しない)」から「1(ログを出力する)」に変わりました。

ほー。

[MySQL8.0] デフォルトUTF8MB4、そして新しい日本語用照合順序
http://scsk-db.jp/mysql/topics/2018/05/23-090000.html

MySQL 8.0では、デフォルトの文字コードがUTF8MB4になりました。
従来はlatin1でしたので、近年の文字コード使用傾向に合わせた変更であるといえます。
文字コードと合わせてチェックすべきなのが、照合順序です。
MySQL 8.0では、日本語用の照合順序が新たに作成されています。
utf8mb4_ja_0900_as_csとutf8mb4_ja_0900_as_cs_ksです。

あと、このへんもですね。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away