search
LoginSignup
56

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

cmd > /dev/null 2>&1」の話

cmdの出力を捨てたいときに使うんだと認識しているのですが、あんま意味がわかってないので順序追って考えてみた。

前提として
・/dev/nullへリダイレクトすることで出力を破棄している
・1は標準出力, 2は標準エラー出力の予約語的なもの

処理を追ってみる

コマンドを仮に 「ls > /dev/null 2>&1」とする。

1. lsの標準出力を/dev/nullにリダイレクトして破棄
2. 標準エラー出力2の出力を標準出力1に合わせる

実際考えてみると単純。

順番の話

でも前述した内容なら、順番適当でええんちゃうんと思って

 ls 2>&1 > /dev/null

でいいかと思ったんだけど普通にエラー出力でた。
どういうことかと思って調べてるとこんな記事が
http://sonic64.com/2004-03-28.html

リダイレクト処理は、左から右へファイルをオープン/クローズしながら処理が進むよう。
つまり上記のコマンドだと

・1の出力先 [screen] 2の出力先 [screen]

  --- 2の出力先を1の出力先に変更 ---

・1の出力先 [screen] 2の出力先 [screen]

  --- 1の出力先を/dev/nullの出力先に変更 ---

・1の出力先 [/dev/null] 2の出力先 [screen]

となるから、標準エラー出力はスクリーンにでてしまう。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
56