Markdown
Pandoc
Katex

Katexを含むMarkdownをHTMLに変換する【備忘録】


やり方

Windowsの場合です。Pandocを使います。

C:\path\to\pandoc.exe markdown.md

-f markdown+emoji
-t html5
-s
--katex=https://cdn.jsdelivr.net/npm/katex@0.10.0-beta/dist/
-o output.html

なんかこうやるとうまくいきます。--katexはその時々の最新版にすると良いと思います。

(katex@latestとかにしてくれたらいちいち書き換えなくて良いのに)


オプションの意味

詳しくはこちら→http://pandoc.org/MANUAL.html


-f

--from。元ファイルのフォーマット。markdown+emojiは、markdownにその拡張のemoji+したものという意味。

markdown+emojiという文字列をどこのサイトから拾ってきたのか忘れました…


-t

--to。出力ファイルのフォーマット。

どんなフォーマットがあるかは→http://pandoc.org/MANUAL.html#general-options


-s

--standalone<head>とかを含んだ、ファイル全体を出力する。


-o

--output。出力先のファイル名。指定しないとSTDOUTに出る。


--katex

KatexのJSとかCSSをとってくる元のCDNのURL。詳しくは→http://pandoc.org/MANUAL.html#math-rendering-in-html


おわりに

なんでわざわざKatexを使っているかというと、VSCodeのプラグインがKatexを使っているからです。

実際Mathjaxとかよりレンダリングがとても早く感じます。ただ、検索するときにlatexと混ざるのでググラビリティが低いですね。