Ruby
VSCode

Windowsで無料でRubyの補完を効かせたい場合は、VSCodeを使おう

TL;DR

Rubyの開発は基本的にUNIX(Linux)系のOSで行ったほうがスムーズだけど
会社の方針でRailsをVagrant + Windowsで開発されているなんて方もいるはず。
その場合、おおよそRubyMineが最適解なんだろうけど、お金の関係で使えないというのも多い。
EclipseとかのIDEも補完できそうだけど、軽いエディタを使いたい

Windowsにおける補完用Gemの現状

テキストエディタで補完する場合、補完用のGemを入れる

Solargraph

Windowsで動く。開発も結構積極的みたい。

rcodetools

Windowsで動かない。
開発はメンテされてるけど、Solargraphほど活発じゃない

rsense

Windowsで動かない。
開発が止まったり、再開したりでよくわからない。

設定手順

ぶっちゃけSolargraphに対応している拡張があるエディタならなんでもいいけど
VSCodeは拡張一個入れてGem入れれば環境が揃うので良さげ
(正確にはSolargraphに関しては別に拡張があるんだけど、Ruby用の拡張を入れるとSolargraphの拡張も自動で入る)

  1. Rubyを入れる。
    ruby2.4以上からインストーラーが変わってDevKitがいらなくなった。
    DevKitの代わりにMsys2を使ってGemを入れればいいことになった。
    別の方が書いた記事だけど、詳しくは以下の記事を参照するといいと思う

    https://qiita.com/ibarakids/items/ad04ba4ae80f2f144d9c

  2. VSCodeをインストールする
    以下のURLからダウンロード

    https://code.visualstudio.com/Download

  3. Ruby用の拡張をインストールする。
    VSCodeの拡張でRubyって検索して出てきた名前が「Ruby」ってなってるやつを入れる
    コマンドで入れる場合は、以下のURLのものを入れる

    https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=rebornix.Ruby

  4. Gemを入れる
    3で入れた拡張に必要なGemを入れる。インストールはMsys2から。

# 補完用
gem install solargraph

# 文法チェック
gem install ruby-lint

# デバッグ用
gem install ruby-debug-ide -v 0.6.0
gem install debase -v 0.2.2.beta10

終わりに

他のエディタもいろいろ試してみたけど、現状ではVSCodeが一番シンプルだと思う。
VSCodeには他にもRubyとかRails用の拡張がいろいろあるので、入れてみてもいいかも