Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitKrakenの無料版はライセンス改定によりプライベートリポジトリが開けなくなった

More than 1 year has passed since last update.

普段はSourceTree派なのですが久しぶりにGitKrakenを使おうかと思ってインストールしてリポジトリを開いたらこんな表示が出ました。

スクリーンショット 2019-11-20 17.59.32.png

「あれ?前まで無料版でもプライベートリポジトリも開けたような?」と思って調べたらこんな経緯でした。

2019年4月頃まで

http://web.archive.org/web/20190401124604/https://www.gitkraken.com/pricing
によれば

For open source, early-stage startups and non-commercial use

とのことで、オープンソース目的と非商用目的以外にも(詳細によれば)1年目までのスタートアップは無料プランが利用できました。

2019年4月頃から

http://web.archive.org/web/20190417181433/https://www.gitkraken.com/pricing

条件が変更されFREEの欄には

For open source projects

とだけ書かれています。

2019年6月リリースのVersion 6

https://blog.axosoft.com/gitkraken-v6-0/#pricing-changes

リリースノートによれば

The free version of GitKraken can only open public repos

とあり、その経緯として「無料ライセンスの条件が曖昧だったのでシンプルに改定したわ(意訳)」と書かれています。

It also allows the free version to be used commercially—as long as it’s on public repos.

一方、パブリックリポジトリでの利用は商用目的でも可能になったようです。

まとめ

GitKrakenでプライベートリポジトリを扱いたい場合はライセンスを購入するか、SourceTreeのような他のクライアントを検討しましょう。

studio15
このアカウントの記事はアクセス状況を把握するためにGoogleアナリティクスを使用しています。 Googleアナリティクスはデータ収集のためにCookieを利用しています。
https://studio15.jp
qiitadon
Qiitadon(β)から生まれた Qiita ユーザー・コミュニティです。
https://qiitadon.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away