Help us understand the problem. What is going on with this article?

URL(ドメイン)から情報を調べるウェブサービス

More than 1 year has passed since last update.

例えばSSLの健全性チェックなど、主に自サイトに使うサービスは数にキリがないので、競合調査のときなどに使えるツールのみに限ることとする。

SimilarWeb
https://www.similarweb.com/ja/
アクセス数やアクセス傾向の類推

aguse.jp
https://www.aguse.jp/
サーバー情報全般

Netcraft
https://toolbar.netcraft.com/
こちらもサーバー情報全般

Wappalyzer
https://www.wappalyzer.com/
技術スタック調査

BuiltWith
https://builtwith.com/
こちらも技術スタック調査

urlscan.io
https://urlscan.io/
もう全部入り

Web魚拓
http://megalodon.jp/
魚拓とarchive.is、web.archive.orgのログ

ウイルスチェック

セーフ ブラウジング: 不正なソフトウェアとフィッシング – Google 透明性レポート
https://transparencyreport.google.com/safe-browsing/search
VirusTotal
https://www.virustotal.com/
urlQuery.net
http://urlquery.net/

あえて外しているリスト

  • ブラックリスト判定系 (たぶん色んな所にすでにまとまっている
  • SEO系 (これも同じく
  • スピードテスト系 (同じく
  • Whois系 (どこも機能が横並びすぎてwhois.comかwho.is使ってます、おすすめあったら教えてください
  • IPひろば (有名ではあるがあえてここを使う理由は…
  • ahrefs (有料のため
  • Alexa (もはやホームスピーカーの代名詞
  • SimilarSites (SimilarWebで見られるし…

See Also

あのサイトで使われている技術を調べる - Qiita
https://qiita.com/nightyknite/items/1258eeca403e7d449b5a

studio15
このアカウントの記事はアクセス状況を把握するためにGoogleアナリティクスを使用しています。 Googleアナリティクスはデータ収集のためにCookieを利用しています。
https://studio15.jp
qiitadon
Qiitadon(β)から生まれた Qiita ユーザー・コミュニティです。
https://qiitadon.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした