Help us understand the problem. What is going on with this article?

今Ubuntu16.04でL2TP/IPSecなVPN接続をする

More than 1 year has passed since last update.

ちょっとハマったのでメモとして.
内容としては「公式ドキュメントをくまなくよめ」が総括です.
それと,ネット上の情報は古いものが多くてビルド方法に悩んだのもありました.

やりたかったこと

Ubuntu 16.04 で L2TP / IPSec なVPN接続をしたかった(クライアント側の話).

経緯

apt で network-manager-l2tp と network-manager-l2tp-gnome をインストール.
その後,ネットワークマネージャでVPNの諸々を設定.
他のPC (Windows / Linux) やスマホでも接続した経験があるVPNサーバだったので,サーバ側に問題はないと思われる.
にもかかわらず,接続がタイムアウトしてつながらなかった.

対処

apt ではなく,ソースから network-manager-l2tp をインストールした.

ただし,公式リポジトリ のReadme.mdを読むだけだと,Ubuntu16.04ではバージョン不整合でconfigureが通らない.

公式リポジトリのWikiのBuildingに詳細なビルド方法が書かれており,こちらに書いてあるとおりにビルドしたらバージョン問題は解決.

簡単に言えば,Ubuntu 16.04 ではネットワークマネージャのバージョンが古いので,それ用のブランチをチェックアウトしてこい,という話だった.
この一言がReadmeに書いてあれば…

おまけ : 具体的な手順

sudo apt remove network-manager-l2tp*
mkdir ~/tmp
cd tmp
git clone -b nm1-2 https://github.com/nm-l2tp/network-manager-l2tp.git
cd network-manager-l2tp
./autogen.sh
./configure \
  --disable-static --prefix=/usr \
  --sysconfdir=/etc --libdir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu \
  --libexecdir=/usr/lib/NetworkManager \
  --localstatedir=/var \
  --with-pppd-plugin-dir=/usr/lib/pppd/2.4.7
make
sudo make install

最初にaptでインストールしたnetwork-manager-l2tpたちをアンインストール.
その後,公式リポジトリからブランチを指定してcloneし,設定ファイルを作り,makeし,インストールする.

strv
ロボットつくるひと.ソフトは苦手.ロボットベンチャーで働いてるよ
http://strv.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした