Help us understand the problem. What is going on with this article?

液晶パネル付きOctoPrint機を構築する

はじめに

この記事は、以前公開したRepetier-Server版の話をOctoPrintでやれるよ、という内容です。
背景等については、以前の記事と同様になりますので、そちらも参照してください。

端的に言えば、RepetierServerが有料ライセンスでしかタッチUIを使えなくなったので、OctoPrintに乗り換えてみた、ということです。

手順

  1. 動いている液晶・タッチパネル付きRaspberryPiを用意する
  2. OctoPrintをインストールする
  3. TouchUIプラグインをインストールする
  4. ショートカット・自動起動化設定をする

動いているRaspberryPiを用意する

このへんは以前の記事を参照してください。

OctoPrintをインストールする

公式のマニュアルにかかれている通りで問題ありません。

ただし、Basic setupの項目までやれば十分です。Stretchでは自動起動の設定などが異なるので、そこから先はやらなくて良いです。

上記インストール後、

~/OctoPrint/venv/bin/octoprint serve

を実行した段階ですでに全機能が起動しています。そのため、http://らずぱいのアドレス:5000/ にアクセスすると、OctoPrintのUIが表示できます。
ただし、起動にはある程度時間がかかります。また、デーモンではないため、上記コマンドをCtrl+Cで終了したらサーバ機能も終了してしまいます。

TouchUIプラグインをインストールする

これが肝心なものですが、簡単に導入できます。
ラズパイ上でなくて良いのでWEB UIの設定から、Plugin Managerを選択し、Get Moreボタンを押します。
表示された画面内の検索窓で TouchUI を検索してインストールします。

以上でインストールは完了しますが、OctoPrintの再起動が必要になります。

再起動後、同じようにWEB UIを起動すると、右上にスマホっぽいアイコンが出ていると思います。その状態でブラウザの幅を980px以下まで狭めてリロードすると勝手に表示がタッチUIモードになります。

あとはこれをラズパイの画面上で表示するだけです。

ショートカット・自動起動化設定をする

OctoPrint本体

stretch用に起動スクリプトをサービス化する話はすでにQiitaに記事があったので、そちらにまかせて…

上記サービスファイルを有効にすれば完了です。

sudo systemctl enable octo.service

有効にするだけでは実行されないので、

sudo systemctl start octo.service

で起動します。

Touch UI

これもブラウザを指定のアドレスで開くだけなので、以前の記事と同様です。

[Desktop Entry]
Name=Repetier-Server
Type=Application
Path=/usr/bin/
Exec=chromium-browser --noerrdialogs --disable-suggestions-service --disable-translate --disable-save-password-bubble --disable-session-crashed-bubble --disable-infobars --touch-events=enabled --disable-gesture-typing --kiosk --force-device-scale-factor=0.5 http://127.0.0.1:5000/
Icon=chromium-browser
Terminal=false
strv
ロボットつくるひと.ソフトは苦手.ロボットベンチャーで働いてるよ
http://strv.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした