Help us understand the problem. What is going on with this article?

ALEXAでTELLOを操作

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

2018年のAlexaスキルアワードで音声によるTELLOドローンの操作( https://smarthacks.jp/mag/37640#16Tello_Controller )を間近に見て感激、またコードがgithubに公開されていることを知って、いつかやってみたいと思っていましたが、ついに実現しました。

仕組み

Alexaスキルでは、通常、コードはバックエンドにAWS Lambdaを使いデプロイするところですが、ドローンを飛ばすには自分のPCをバックエンドにして、発話からのコマンドを受ける必要があります。ドローンが発するwifiをPCで受信するので、PCのネット接続は別の手段で確保します(自分は有線LANで接続)。発話部分(フロント側)はAlexa スキルビルダーで作成し、自分のPCをエンドポイントにします。これを実現するのがngrokです。

方法

まず、https://github.com/miso-develop/tello-controller-alexa を自分のPCにクローンします(TMさん、公開ありがとうございます)。先に、npm, ngrokのインストールを済ませておきます。

npm install
npm install -g ngrok

最初、ngrokのインストールのところで、”write access to /usr/local/lib/node_modules” のメッセージが出てうまく行きませんでしたが、こちらを参考に解決しました。https://qiita.com/NaokiIshimura/items/cc07441939b226e779c6

準備が完了したら、ドローンを飛ばす時に、コードファイルを置いたフォルダ上で以下を実行します。

node index.js

別ターミナルを起動し、同フォルダで以下のコマンドを実行します。

ngrok http 3000

ngrokが起動できたら、Forwarding https のURLが表示されるのでそれをメモし、スキルビルダー上でENDPOINTに設定します。このURLは起動の度に変わります(継続有効時間は8時間)ので、操作前に設定する必要があります。

あとがき

TELLOとAmazon ECHOをお持ちの方はぜひお試しください。
Have a nice flight with Alexa!

【関連記事】
https://qiita.com/miso_develop/items/a482dc4d168ec0a33818

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした